北海道の雪道を走行するホンダの「レジェンド」(写真:ホンダ提供)

近年の自動車は電子制御の塊だ。スタビリティコントロール(車両安定制御)やABS(アンチロックブレーキシステム)などの各種技術によって、ドライバーが意図しなくてもクルマを安定した挙動で走らせたり、安全に停車させたりなどといったことが可能になった。前走車や歩行者を検知して衝突を回避するシステムを標準装備する車も増えてきた。

激しさを増す、クルマの電脳化と電子化の流れ。今年2月、雪に覆われた北海道鷹栖町にあるホンダのテストコースで同社最新モデルに触れ、すでに実用されているそれら電脳と電子技術の高さを体感できたのでご紹介していこう。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そもそも電脳化と電子化の流れは、大きく3つの分野に分けて考えられる。ひとつは電脳化のエース分野として今話題を集めている人工知能および自動運転分野。2つめが、クルマに搭載されている制御系の電脳分野。そして3つ目がクルマそのものの電動化の話だ。

人工知能および自動運転関連へのホンダの取り組みはボリュームも豊富で、クルマ単体での話から枠組みを超えないといけないので改めてレポートさせて頂くとして、今回は北海道で実体験できた制御系の電脳分野とクルマそのものの電動化を掘り下げたい。

未来予測型の制御

将来的には人工知能や自動運転関連の比重も高まってくるかもしれないが、現状、当面はこの2要素こそがクルマの完成度を大きく左右する。特に制御系の電脳はいま驚異的なレベルにまでなっており、ここ1、2年で着手が早いメーカーは完全に次世代に切り替わりだした。

それは素直な動き、気持ちよい走り、鋭い動き、優雅な走りなどの結果をもたらすために、今までも「走行環境」と「いまのクルマの状況」そして「ドライバーの意思」をいかにうまく調合させるかを競い合ってきたが、電脳が賢くなりその中身が変わる。それが

「今のクルマの状況」

ではなく

「未来のクルマの状況」

を想定して制御するようになったことである。

具体的には車輪速センサーやGセンサーを使ってクルマの動きをセンシングしてきたが、合わせてヨーレートセンサーも演算処理に入れてきた。もちろん背景には演算処理速度の高いCPUとその搭載に際した価格面での壁を乗り越えたことが隠れているが、この貢献度は高い。「車両が不安定になったから制御介入」が、「車両が不安定になりだすはずだから制御介入」という、未来予測型の制御ができるようになったわけだ。


「CR-V」(写真:ホンダ提供)

実際、すでに発売されているホンダのスーパースポーツモデルの「NSX」と兄弟制御機構を積むホンダのフラッグシップモデル「レジェンド」、そして間もなく発売が予定されているホンダの最新ミドルサイズSUV「CR-V」は、雪と氷が入り混じった路面の中を不思議なほどよく曲がり、よく走る実力を披露してくれた。もちろん気持ちよく走れるし、安心できるし、ストレスがとても少なく走れるのは当然のことだ。

未来予測をいかに先までできるか

ちなみに今は未来予測型制御の導入競争はもちろんだが、その実装できる未来予測をいかに先までできるかの勝負が激化している。いまのトップランナーは0.5秒先を読むとされているが、1秒先まで読めるようになるのか?

1秒先まで読めたら、たいがいの車両不安定要素は解消できるはず。しかし、そのためにはクルマの状況だけでなく、スノーやシャーベット、アイスやドライそしてウェットなどの”いま”の走行環境を的確に読み取る路面識別能力も必要になるだろう。何にせよ、雪道などで怖い思いをしたくない、気持ちよく走りたいなら、技術進化が著しい今は最新モデルが良いというわけだ。

そして、雪道での走行を踏まえるなら3つ目の要素である電動化が進んだモデルを選ぶ意識を持つのも良いだろう。なぜならモーターを使った運動能力は、エンジンでは到達できない領域にあるからだ。

その源は、反応速度。ドライバーがアクセルを踏む・戻す操作に、加減速が即座に反応する。これが運転をとてもしやすくなるのに加えて、ドライバー以上に緻密に運転指令を出す前述した電脳制御指令に対してモーターは瞬時に対応できる。たとえばコンマ数秒先に車両が不安定になるから駆動力を絞れと指令を出しても、アクセル操作に対して燃料を噴射するタイムラグがあるエンジンのレスポンスでは結果不安定になるケースがあるということ。もちろんモーターも万能ではないが、このレスポンスの良さがあるかぎり、運動性能は高まるし、限界性能も高められる。

それをモデルごとに最適に搭載して電動化による高性能化を進めるべく、ホンダは3つの異なる形式のハイブリッドシステムを作り展開している。具体的にはフィットなどのコンパクト系に向けた1つの電動モーターを使った「i-DCD」と、ステップワゴンやアコードなどのミドル系に向けた2つの電動モーターを使う「i-MMD」そしてレジェンドやNSXなど高性能を追求して3つの電動モーターを駆使する「SH-AWD」がある。

技術進化の速さを改めて認識

今回の中では登場間近のCR-Vと2月にマイナーチェンジしたばかりのレジェンド、そしてこれまたマイナーチェンジして足回りがより柔軟に懐深く動くようになり路面を的確に捕まえるようになったi-DCD搭載のヴェゼルの走行性能がとても優れており、最新モデルの良さとともに技術進化の速さを改めて認識させられた試乗会だった。


「ヴェゼル」(写真:ホンダ提供)

運動性能や限界性能、素直に曲がるなどの領域は当別なものではない。特に雪道を走る人は絶対だ。なぜなら雪道では容易に誰もがタイヤが滑るなどの極限を体験する。それはタイヤの限界、クルマの限界を超えている証拠。言うなれば、ドライ路面であれば非日常の走りであり一般道においては危険極まりないタイヤを滑らすという行為を、冬季路面では意図せずとはいえ起きておりタイヤとクルマの性能を使い切ってしまっているからだ。

雪も融け出し、冬季路面の怖さが記憶から薄らいでいく時期になるが、それを踏まえたクルマ選びをぜひ。