「ノームコア」という言葉がもう十二分に浸透しているいま。

さまざまなトレンドを少しづつ取り入れながらも、ストリートスタイルはさらに研ぎ澄まされ、よりシンプル化しています。

そんなシンプルなスタイルにスパイスを与えてくれそうな、デザイナブルなシューズを見つけました。

プーマとセレーナ・ゴメスがコラボ

2018年4月6日(金)に「PUMA(プーマ)」から発売されるシューズ「フィナム ラックス」。

現在プーマとパートナーシップを結んでいる歌手のSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)とのコラボレーションアイテムです。

アッパーには、さわやかなホワイトレザーが使用されている「フィナム ラックス」。カジュアルなのにどこか洗練された印象を受けます。

また、取り外し可能なゴールドアンクレットがあしらわれていて、足もとにゴージャス感をプラス。太めのチェーンが80年代ファッションを彷彿とさせます。

ゴールドアンクレットのヴィンテージ感と、シューズの独特なカッティングが生み出す近未来感のミックスがたまらない!

さらに、反発性とクッション性の高いIGNITEフォームが採用されているので、地面を踏むたびに足を押し出してくれ、ぐんぐん歩くことができます。

売上金の一部は、難病ループスの研究へ寄付される

「フィナム ラックス」のうれしいところは、デザイン性や機能性だけではありません。

購入すると、その売上金の一部が、難病ループス(全身性エリテマトーデス)の研究のために設立された「ループス リサーチ アライアンス」に寄付されるとのこと。

ループスといえば、セレーナ本人が抱えている病気で、2017年には腎臓移植の手術をしていました。

セレーナは、今回デザインを手がけた「フィナム ラックス」について、

シューズのデザインをプーマと一緒に取り組んだのはとても楽しい経験でした。また、人々の命に関わること、そして私個人にとっても非常に大切な問題についての啓蒙に、プーマとともに取り組めることを誇りに思います。

と語っています。

足もとをアップデートできるだけじゃなく、難病によって苦しんでいる誰かを助けることもできる。

そんな背景を持ったシューズこそ、いつまでも大切に履き続けたくなります。

[PUMA]