電撃的な中朝首脳会談で何があったのか。晩餐会で語り合う、北朝鮮の金正恩委員長(左)と中国の習近平国家主席(右)(写真:KCNA/UPI/アフロ)

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が電撃的に中国を訪問、習近平国家主席と会談したことに対し、世界は大きな衝撃を受けた。3月25日から28日までの今回の訪問についての報道内容をトレースすることで、北朝鮮側の意図を考察してみたい。


本連載の一覧はこちら

金氏は2011年末、北朝鮮の指導者となったわけだが、今回はそれ以来、初めての外国訪問だ。6年余りの期間、国家の新しい指導者が外国を訪問しないのは、世界的にも極めて珍しいことである。金氏は28歳くらいの若さで北朝鮮の指導者となったので、まず国内を固めたうえで各国の首脳とわたり合う、という考えだったのかもしれない。北朝鮮のように一党独裁の国では、誰からも認められる指導者としての地位が確立するまでには、さまざまな過程を経なければならず、時間がかかるのだ。

これだけ満を持した金氏が選んだ最初の訪問先が中国だったのは、約60年前の朝鮮戦争で助けてくれた国であり、その後も特別な友好国であったことに鑑みれば、ごくごく自然な選択だったはずである。

冷え込んでいた中朝関係だったが…

しかし、最近の中朝関係は、かなり冷え込んでいた。両国の関係悪化は、冷戦が終結、1992年に中国が韓国と国交を樹立して以来のこと。その間、さまざまな問題が生じたが、中でも2014年7月に習氏が国家主席として初めて韓国を訪問したのは、北朝鮮にとって強烈な衝撃であった。

もっとも、金氏が北朝鮮の指導者になったのが先であり、一度も中国を訪問しないうちに習氏が韓国を訪問することになったので、中国側としては「金氏のほうが早く訪中すべきだった」という言い分があるようだが、それにしても、金氏としては腹に据えかねることだったのは間違いない。

また最近では、核・ミサイル実験に関する国連の制裁決議に関連して、中国は北朝鮮に対し、従来見られなかった厳しい態度をとるようになり、北朝鮮は激しく反発していた。

金氏はこのような不満と敵がい心をすべて押し殺して、最初の訪問先として中国を選んだのだ。

これに対して習氏は、金氏を大歓迎した。テレビに映った習氏の満面の笑顔は、中国側が最大限の気配りをしていることを、雄弁に物語っていた。金氏の宿泊に充てられた釣魚台迎賓館には、別の棟に先客がいたが、それをすべて追い出して敷地全体をシャットアウトしたという。2日間にわたって習氏が金氏に同行したのも異例。金氏の訪中は非公式であったが、中国の歓待ぶりは、正式の国賓としても最高級であったともいわれている。

金氏一行の帰国後、北朝鮮の中央通信も、金氏の習氏に対する感謝電をはじめ、中国での行事と中国側の歓迎ぶりを細かく伝えた。おそらく満足していたのだろう。

ではなぜ金委員長は、この時期に中国を訪問したのか。もちろん、米国のトランプ大統領との会談、および時間的には、その前に韓国の文在寅大統領との会談が合意されたことがきっかけだったのは明らかだ。が、金氏の外交戦略として、一連の動きを見ていく必要がある。

制裁措置で著しく打撃を受けていた

実は、金氏は昨年11月末ごろから、それまでの強気一辺倒から”協調的姿勢”に転じていた。当初、金氏がその考えを示したのに対し、各国は必ずしも十分な注意を払わなかったが、明くる新年の辞で、金氏が平昌オリンピックへ北朝鮮も参加する意向を示したことによって、金氏の考えはいっそう明確となった。

その後、北朝鮮は韓国との協議を事務的に、つまり政治的な駆け引きをせずに進め、金氏は信頼する実妹の金与正氏を韓国に派遣。また韓国も、北朝鮮側の積極的な姿勢に応える形で、大統領府の鄭義溶国家安保室長を文氏の特使として平壌に派遣した。この結果、金氏と文氏が4月下旬、南北軍事境界線上にある板門店の韓国側施設「平和の家」で、南北首脳会談を行うことが合意された。

この南北関係の進展は、文氏がかねてから北朝鮮との関係改善に熱意を持っていたことが大きな背景になっているが、今年に入ってから南北間の協力が急に進み始めたのは、金氏が戦略的に動き出したからでもあった。

国連安保理事会は、核とミサイルの実験を繰り返し、国際社会を挑発し続けてきた北朝鮮に対して、かつてないほど強い内容の制裁決議をし、さらに米国はそれでも不十分だとして、独自で強力な制裁措置を取っている。

これに対して北朝鮮は、そのような圧力には屈しないと強気の姿勢を見せ続けているが、北朝鮮経済が著しく打撃を受けていることは、北朝鮮自身、誰よりもよくわかっているはずである。もちろん、政治的にどのような姿勢をとるかは別問題だが、無関係ではありえない。かつて、米国の取った金融制裁によってマカオにある北朝鮮系の銀行が取引困難に陥ったことがあり、北朝鮮当局も重大な問題であることを認めていた。制裁措置が金氏の政策転換の重要な背景になっていることは明らかだろう。

また金氏は昨年11月末、核とミサイルの開発が完成に近づいたと発言。北朝鮮のミサイル、特にICBMについては米国が直接の脅威にさらされることから、完成前に手を打たなければならないとか、完成までに要する期間はどれくらいであるとか、さまざまな言説が飛び交っている。いずれにしても、核とミサイルの開発が進んでいたことは、程度問題は別として、紛れもない事実だ。

結局、金氏としては、経済制裁に対する対応と、体制維持に必要と考える核・ミサイルの開発を両にらみで見ながら政策転換を行い、韓国との関係改善を突破口にして、米国と、さらには中国との首脳会談に進んでいったのだと思われる。

うがちすぎかもしれないが、金氏は韓国に「抱きつき」、さらに米国との首脳会談の日程を作り上げることによって、北朝鮮が”第2のイラク”になることを巧みに回避したのだ。さらに、朝鮮半島の非核化を俎上に載せることで、国際社会での孤立から脱却しようとしているのである。今回の中国訪問もその延長線上にあるとみられ、金氏の外交手腕は並々ならぬものだと言えよう。

利害が一致している中国と北朝鮮

一方、中国にとっても、北朝鮮との関係改善は望むところであった。理由は第1に、朝鮮半島状況の悪化で米国の軍事作戦の脅威が高まると、中国の受ける脅威も増大するからだ。たとえ中国が嫌がっても、配備されている高高度防衛ミサイル(THAAD)は、その第一歩だった。また北朝鮮で軍事衝突が起こると、中国の東北部が被害を受けるという事情もある。

第2に経済面では、制裁の強化によって、すでに北朝鮮と取引する中国企業にも悪影響が及んでいることが挙げられる。

第3に、中韓の関係改善には限界があることがはっきりしてきた一方で、中国と北朝鮮は党の関係、すなわち、中国共産党と朝鮮労働党との関係で深く結ばれており、その関係を壊してはいけないという考えが強くなったためである。

そして第4に、非核化に努めると金氏が明言しているのは、中国としても二重の意味で歓迎できることだ。そもそも中国は、朝鮮半島の非核化を支持しており、かつ金氏が目指しているのは、中国がかねてから主張してきた話し合いによる解決にほかならない。

5月に行われるとされる米朝首脳会談で、決定的に重要なのは、「北朝鮮の非核化」にどこまで焦点を絞れるか、またどこまで具体的に合意できるかである。これまでの歴史を振り返ると、「朝鮮半島の非核化」要求や、米朝双方が非核化に向けて進む際の「行動対行動の原則」、つまり、相手が一歩進めばこちらも一歩進むやり方などが、持ち出される傾向がある。首脳会談で扱う問題が複雑になればなるほど合意は困難となろう。

中朝首脳会談で見せた金氏の姿勢軟化が、米朝の話し合いにどんな影響を及ぼすのか。トランプ氏と金氏は、数々の困難をうまくさばき、「北朝鮮の非核化」について明確な合意に達することが求められる。