出典: https://www.shutterstock.com

“同棲”をキッカケに、“彼との関係が冷める”ケースは多いみたいです。

愛が深まるはずの同棲が、マンネリ化の原因にならないためにはどうしたらいいのか。

同棲後もずっとラブラブなカップルがしているコトから、ラブラブが続く愛の秘訣で、彼との同棲性活を盛り上げてみましょう。

 

■大切な日・時間を作る

同棲後もラブラブなカップルは、どんなに忙しくても“二人だけの日や時間を大切にしている”そうです。

同棲は、毎日が楽しいだけとは限りません。

時間や生活に追われて、すれ違うこともあるでしょうし、お互いに理想通りの同棲生活を送れないこともあります。

ですが、それが同棲であり“当たり前”のことなのかもしれません。

毎日は満たされなくても、二人にとって“貴重”な時間が取れるのなら、それを大切にすれば、ラブラブな関係が長続きするかもしれませんよ。

 

■ラブラブの裏には…我慢がある?

同棲後もラブラブでいるためには、時には“我慢”も必要なようです。

同棲後は、生活の変化にイライラすることもあるでしょうし、彼の存在がうっとおしく思うこともあります。

同棲も男も“面倒くさい”と思ってしまうことがあるかもしれませんが、我慢しなくては同棲は続けられないと思いますよ。

思い通りにならないことがあっても、“求め過ぎ”には注意。

イラッとすることがあっても、時にはグッと我慢ができれば、ラブラブな関係も続くのではないでしょうか。

 

■何年経ってもイチャイチャしよう!

ラブラブな関係でいるためには、積極的にイチャイチャした方がいいみたいですよ。

体の触れ合いが減ると、そのままマンネリになることもあるため、彼への気持ちは形にして、彼と積極的に触れ合うようにしましょう。

肩に手をそえるだけでも、手を繋ぐだけでも大丈夫。

体を触れ合う文化のない日本人だからこそ、意識して体を触れ合うことが、ラブラブな関係を保つ秘訣なのかもしれませんね。

 

同棲後もラブラブでいるためには、難しく考えない方がいいかもしれません。

“彼を思う気持ち”、“彼があなたを思う気持ち”を、素直に受け止め合えれば、きっとラブラブな関係は長く続くと思いますよ。

【画像】

※ Antonio Guillem/Shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ