落ち着いたオトナの雰囲気に流されて、既婚男性と一線を越えてしまった経験はありませんか?

「彼氏もいないし、1回きりだから。」

「イケない関係だとわかっているけど、本気じゃないし。」

そんな軽い気持ちでベッドインしたはずなのに、意外と相手は本気で……。その温度差に「ゲッ!」とドン引きしてしまうケースが後を絶ちません。


出典: https://www.shutterstock.com

そこで今回は、20〜30代の独身女性を対象に“不倫”に関するアンケートを実施! 思わずギョッとした“勘違いLINE”をピックアップしてみましたよ。

 

■「○○ちゃんのことを想って寝るね」

「1回きりの関係だと思って、その場の流れでエッチをした既婚男性がいたんだけど、カレは次があると思っていたんだろうね。連絡が来ても冷たくあしらっていたら、“○○ちゃんのこと、ずっと想っているよ”“○○ちゃんのこと考えながら寝るね”と必死に関係を続けようとするLINEが送られてきて、最高に引いた。」(27歳/保険)

不倫関係を続けるつもりはなかったのに、お誘いがしつこくてウンザリ! そんな経験のある女性は少なくありません。でも、既読・未読スルーしているのに「○○ちゃんのこと想っているよ」などと懲りずに送ってくるとは驚きですね。粘着質な不倫男から離れるには、ブロックや拒否をして徹底的に連絡を絶つしか手段はないのかも……。

 

■「○○ちゃんと一緒にいると落ち着く」

「不倫男がよく口にする台詞だと思うんだけど、私は“○○ちゃんと一緒にいると……”って言われると背筋がゾッとする。だっていつ慰謝料を請求されるかわからない立場でしょ?落ち着くわけないじゃん!」(28歳/金融)

とにかく口が上手い不倫男性は、「家庭がうまくいっていなくて」「○○ちゃんと一緒にいると落ち着く」「別れたら一緒になろうね」なんて甘い言葉を囁きたがるもの。でも、不倫がバレたときのことを考えてみると、辛い思いをするのは女性サイド。「落ち着くわけがない」と怒りをあらわにするこの女性の気持ちもよく分かりますね。

 

■「もっと俺好みになって」

「不倫関係って、その場限りなところがあるでしょ?でも、それを理解していない男もいるんだよね。“もっと○○な方がいい”“俺好みだな”って恋人気どりの要求ばかりしてきてさ。そんなに私が惚れているとでも思ってるの?」(29歳/医療事務)

どんなに恋人同士のように過ごせても、一歩外に出たら他人同士。不倫関係では、プライベートなことに首を突っ込まないのが暗黙のルールですよね。でも、それを無視して「彼氏できたの?」「もっと俺好みにしてよ」と恋人気どりの要求をしてくる既婚男性は意外と多いといいます。ファッションやヘアスタイルを変えるほど、女性が本気になったと勘違いしてしまったんでしょうね……。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

バッドエンドの現実から完全に逃避することのできない女性と、いつまでも幻想を追い求めようとする男性たちの温度差。今回の“勘違いLINE”は、いつまで待っても完全に交わることのない“不倫の限界”を表しているのかもしれませんね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ Cookie Studio/shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ