2030年以降、すべての都道府県で人口が減少 厚労省が調査

ざっくり言うと

  • 厚生労働省の推計で、2030年までに45の道府県で人口が減少すると判明した
  • また、東京・千葉・埼玉・神奈川が占める人口は、全国の3割を超えるという
  • 2045年にはすべての都道府県で65歳以上の割合が3割を超えると予測された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング