群馬大学附属病院で撮影画像取り違え がん発見遅れ男性死亡

ざっくり言うと

  • 群馬大学付属病院がCTスキャンの画像を取り違え、患者が死亡したと謝罪した
  • 担当医師が2016年に撮影した画像を1年前と取り違え、腫瘍はないと診断
  • 実際の画像には腫瘍が写っていたが、男性が訴えるまで発見されなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング