プロ彼女からプロ妻へ進化した女子は…

写真拡大

 夜な夜な港区界隈で「ハイスペック男性」たちと飲み会を繰り広げている港区女子。そんな彼女たちは、「どうせお金目当てでしょ」「女を武器にして……」と批判されることが多い。そんな中、“哲学”を持ち、ハイスペック男性の「プロ彼女」から「プロ妻」へと進化した女性がいる。現役港区女子の吉川リサコ氏がリポートする。

 * * *
「プロ彼女」という言葉が流行った。俳優・西島秀俊が結婚した頃である。彼は、女性週刊誌で「交際相手に求める7か条」として、以下の“掟”があると報じられていた。

1 仕事のワガママは許すこと
2 映画鑑賞についてこない
3 女性も目標を持ち一生懸命であること
4 “いつも一緒”を求めない
5 「女の心理」の理解を求めない
6 メール返信がなくてもOK
7 1か月半会話なしでも我慢すること

 要は、「私たち付き合っているんだから…」的な女のワガママは一切言わないということだ。それをできる女が「プロ彼女」だという。

 そして、ハイスペック男性の多くは「プロ彼女」を求めているものだ。ビジネスにプライベートに忙しい彼らに「毎日LINEしたいよ」「スタンプくらい返せるでしょ」なんて言うのは三流女である。

 ナナコは立派な「プロ彼女」だった。ナナコの彼氏は、たいがいの高級レストランで顔も名前も知られている内藤(仮名)という男である。

 内藤は、もともとコンサルティング会社にいたが、今は数々のベンチャー会社に投資している。内藤が36歳、ナナコが21歳の時に知り合った。内藤は毎晩飲み歩く。その飲み会にたまたまナナコが参加した。

 内藤は華奢な女が好きだった。今までの彼女は山田優のような長身小顔ばかりである。

 が、ナナコは正反対。背は高くなく童顔で、グラビアアイドルの篠崎愛を思わせる「可愛い系」だった。ただ、彼女の毒舌トークを内藤が面白がり、交際がスタートした。

 よく港区女子はインスタで、「#今日もありがとう #いつもご馳走さま #感謝 #甘えてばかり #大好き」などというタグとともに、かすかに見切れたスーツ姿の男性と料理を写した写真をアップし、高級レストランに連れて行ってもらったことを匂わせる。「私の彼氏ハイスペなの☆」感を出すのだ。

 しかし、ナナコは「そんな女、バカみたい」と言っていた。内藤と付き合っているなんて誰にも自慢しなかった。たまに、「内藤さんに口説かれてて〜」なんて髪の毛をいじくりながらヘラヘラしている港区女子に出くわしたが、仏のような眼差しをしていた。ナナコはそこでも「私ずっと付き合ってるし」などと反論しなかった。

 ナナコの肝の座り方と、飽きない毒舌トーク、そして口の固さが信頼され、付き合いは3年に及んだ。毎晩のように出会いがある内藤にとって、「彼女」なんてドラマ1クール分続けばサヨウナラ。出張があるときに連れて行く新しい女の子が調達できれば良い、というくらいのスタンスで飲み会に参加し続けていたが、ナナコは違った。

 2人は結婚した。ナナコも、内藤の仕事への情熱の深さや、記念日のプレゼントを欠かさないマメなところに惹かれていた。私には「彼は、尊敬できる人なの」と語っていた。

 結婚してからの内藤は、家に帰るのも遅く、たまに休日があっても自分の部屋で仕事に没頭していることが多かった。子供は生まれたが、今は夫婦生活はまったくない。きっとまた華奢な女を毎晩口説いているのだろう。

 生活費は月60万円。家賃光熱費は別。住まいは都心に3LDKの130平米。それでも「愛がなければ夫婦なんてやってられない」という“元港区女子”は多い。もちろん、イクメンなんて夢の夢だ。料理や掃除に文句を言ってくるときもある。

 しかし、ナナコはストレスなどなかった。内藤はきちんと一家の大黒柱の役割を果たしている。それで満足なのだ。高級マンションに生活費の60万。これは何物にもかえがたい。内藤そっくりの子供も可愛い。この生活を守れるなら、多少の問題などへっちゃらである。

 愛人がいたって構わない。だってナナコは妻なのだ。彼女は、「私って、内藤のカスタマーセンターのような役割」という。日々のクレームを聞き内藤の未消化な気持ちに寄り添う。その対価が60万円なら良い仕事だ、と言って憚らない。

「プロ彼女」だったナナコは、「プロ妻」に成長したのだ。単に若いというだけの理由でハイスペック男子からちやほやされている女子たちには、そんな「プロ妻」になる覚悟があるだろうか。