画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ハードとAIの進化の賜物

3月27日、ファーウェイはパリで開催した発表会において、最上位の「P」シリーズの最新モデルとして「HUAWEI P20/P20 Pro」を発表。かねてより予告してきたトリプル(3眼)カメラが注目を浴びている。

2017年にスマホの世界シェアで3位となったファーウェイは、今後1〜2年で2位を目指すという。果たしてそのフラグシップモデルはどのように進化を遂げたのだろうか。

○最新ハードとAIの組み合わせでカメラの常識を覆す

2017年、ファーウェイは世界で1億5300万台のスマートフォンを出荷し、シェア3位となった。中心を占めているのは中・低価格帯のスマホとみられるが、最上位モデルの存在感は下位モデルのブランドイメージを左右することもあり、注目度は大きい。

発表イベントは、ライカと共同開発したカメラの紹介を中心に進行した。P20 Proには3つのカメラを搭載し、メインのセンサーは4000万画素。3つ目のカメラは光学3倍相当のレンズを搭載するなど、順当なスペックアップを遂げている。

専門サイト「DxOMark」による評価ではP20 Proが「109」、P20が「102」と、いずれもiPhone XやGalaxy S9を大きく上回り、スマホカメラの最高峰に達したことをアピールした。

また、カメラの進化はハードだけでなく、ソフトも欠かせない要素になっている。ファーウェイはここに人工知能(AI)技術を投入しており、P20シリーズでは特に夜景の撮影が進化。三脚を使うことなく、4秒や6秒といったシャッタースピードの撮影が手持ちでできるようになった。

こうした夜景撮影では、手ぶれを防ぐために三脚などでカメラを固定することが常識だ。だが高度な画像処理技術があれば、複数の写真を合成して手ぶれを補正できる。これまでのスマホは処理能力が不足していたが、ファーウェイ製SoC「Kirin 970」のAI処理に特化したプロセッサーを使うことで、実現に至ったというわけだ。

スマホのカメラといえば、搭載できるセンサーやレンズの大きさに限界があることから、一眼レフのような本格的なカメラには及ばないと認識されてきた。だがハードの進化とAIによる画像処理を組み合わせることで、カメラの世界の常識を覆す進化を遂げたのは面白い点だ。

●大手キャリアの動向に注目

○米国展開は課題、日本の大手キャリア採用はあるか

一方、ファーウェイのグローバル展開において、大きな課題といえるのが米国市場だ。1月のCESでは米大手キャリアからのスマホ発売を断念したことで注目を浴びたが、3月に入ってからは家電量販店のベストバイ(Best Buy)がファーウェイ製品の取り扱いを中止することが報じられた。

これに対してファーウェイは、発表会のゲストに米グーグル幹部を招き、最新OSの「Android 8.1」の搭載など緊密な連携をアピール。AIの活用ではアマゾンやマイクロソフトとの協業を示すなど、米国大手企業と良好な関係を築いていることを強調した。

日本での展開はどうだろうか。日本・韓国リージョンを統括するデバイスプレジデントの呉波氏にパリの発表会場で確認したところ、P20シリーズの日本展開を検討していることに改めて言及した。

だが前モデルの「P10」は、MVNOやSIMフリーの販路で売られたものの、売れ筋は「P10 lite」のような3万円前後のモデルに集中している。P20 Proの欧州での価格は899ユーロで、日本での価格は10万円前後と予想されるだけに、大きな割引を期待できる国内大手キャリアの採用があるかどうか注目したい。