「外食は健康に悪い」に新たな根拠 アメリカの研究で判明

ざっくり言うと

  • 頻繁な外食は、有害性化学物質「フタル酸」の多量摂取に繋がると報告された
  • フタル酸は、先天性疾患や行動問題、肥満などとの関係が指摘されている
  • 外食をした人は、しない人より35%も「フタル酸」の値が高いと分かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング