<ANAインスピレーション 初日◇30日◇ミッション・ヒルズCC ダイナ・ショア・トーナメントC(6,763ヤード・パー72)>
上原彩子が圧巻のゴルフを見せた。8バーディ・2ボギー「66」、6アンダーで首位と1打差の2位タイ。今季、海外女子メジャー初戦「ANAインスピレーション」で強烈なスタートダッシュを決めてみせた。
【関連】女子プロたちが360度カメラに興味津々!?
自信にあふれたラウンドだった。出だしの10番でカラーから3パットも、11番、12番で連続バーディ。16番をボギーとしたが18番で取り返し、折り返した1番でもバーディを決めると、2番も決めて3連続。4番で1つ伸ばしたあと、上がり2連続も合わせて後半だけで5バーディ。勢いそのままに18ホールを駆け抜けた。
折り返しの1番のバーディで流れに乗った。ティショットを左のラフに打ち込み、ピンは左、グリーン左手前には大きなバンカーが口を開けるピンチ。「ピンまで135ヤードで7番アイアンでした。思った通りのショット。とにかくラフに負けてフェースがかぶらないように打ちました」と、深いラフを切り裂くようにヘッドが抜けると、ボールはグリーン面に着弾。8メートルのバーディパットを沈め、静かにうなずいた。
「あのショットからのバーディが今日のゴルフにつながりました」と、納得のシーンを振り返った上原。「メジャーなので決して楽ではありませんが、去年と比べても、いまのほうが進化しています」と、口ぶりにも自信がみなぎる。「緊張感と自信のコンビネーションがうまくいっている」と、精神状態のコントロールも大きかった。
一念発起し、渡米して6年目。目標とする米国での優勝に向け、ひたすら努力を重ねてきた上原だが、いいことばかりではなかった。プロは結果がすべて。当初お世話になっていたスポンサーのなかには、渡米間もないころ離れていったところもある。もちろん、応援を続けてくれるスポンサーもいるが、「こちらの試合は専門局でしか放送されません。日本は民放で放送されることが多いですが、そういう点でも仕方ないことだと思っています」と、自身の置かれた立場は理解している。
ウェアについても、「自分でこっちのPGAスーパーストアに買いに行ったりもしています。一部提供してくださる企業さんもありますが、日本でも量販店に行ったりしています」と、苦しい胸の内を明かす。それでも上原の表情から悲壮感は感じない。「アマチュアのころからこの舞台で戦うのが夢でした。成功したいと思っているし、できると思っています」と、前を向く目はますます力強さを増す。
「すべてがパーフェクトでもないし、気を緩めない」
米ツアー初優勝に向けて、より一層気を引き締めた上原。渡米当時、活躍していた宮里藍は引退。宮里美香は日本ツアーを主戦場とする可能性が高い。韓国勢が席巻する世界のツアー。日本人選手だってやれるところを見せるのは、いまなお踏ん張っている"世界の彩子"に違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【国内女子】ヤマハレディースオープン葛城 LIVEPHOTO配信中