マイナス金利含め、政策調整を検討する局面ではない=前田日銀理事

写真拡大

[東京 30日 ロイター] - 日銀の前田栄治理事は30日の衆院経済産業委員会で、日銀が目指す2%の物価安定目標の実現に距離がある中で、マイナス金利を含めた現在の金融政策の調整を検討する局面にはない、と語った。斉木武志委員(希望)への答弁。

前田氏は、日本の物価上昇率は少しずつ高まっているが、「なお2%の物価安定目標の実現には距離がある」とし、その下での金融政策運営について「マイナス金利も含めた現在の政策の調整は、そのタイミング、その際の対応を検討する局面にはない」と指摘。「現在の強力な金融緩和を粘り強く進めていくことが重要と考えている」と語った。

(伊藤純夫)