スポーツビジネスの分野で英語を駆使して鈴木氏は日々活動している(編集部撮影)

鈴木陽吾は2016年から米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトを務めている。全国各地を飛び回り、日本のプロ野球を年間100試合以上チェックする。

日本のプロ野球選手と自由に交渉できるわけではない。海外FA(フリーエージェント)を宣言した選手や、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手のようにポスティングシステムを利用する選手など、条件は限られる。それでも選手を見続ける。


ドジャースでは日本人選手として前田健太投手が活躍している(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「交渉できる状況になってからその選手を追いかけたのでは遅いんです。有望な選手の現在の状況を把握し、それを蓄積する。私たちにとっては、その選手のヒストリーを知ることが大事なんです」と鈴木は説明する。

実は、鈴木には野球選手としてのキャリアはない。「指導するわけではないですからね。私の立ち位置は見るプロです」。鈴木はにこやかな笑顔を見せる。

野球経験のない彼が、どうやって今の職に就いたのか。その経緯は、就職活動をしている学生やキャリアアップを目指す方など、仕事について考える人にとってヒントになりそうだ。

大学4年時に人生のレールから外れる決断をする

鈴木は、曾祖父の代から生地問屋を営む家の長男として、1970年に生まれた。物心がついた頃から、父や祖父が仕事で外国語を使っている様子などを見て育ったこともあって、そうすることにあこがれていたという。 

神奈川県立藤沢西高校に入学した頃から「英語をもっと勉強したい」と、英語塾にも通うようになった。陸上競技部に所属していたが、顧問の先生に「水曜日だけは塾に通わせてください」と直談判し、練習を休むことを許可してもらった。

1989年に早稲田大学人間科学部スポーツ科学科(当時)に入学後、トライアスロンを始めた。英語の勉強も続け、2年時に英検の準一級に合格した。

1991年、大学3年の夏。東京で世界陸上競技選手権大会が開かれた。大学のトライアスロンクラブの顧問であり、同大会の事務局長だった佐々木秀幸教授に「通訳のアルバイトは募集していないのですか?」と紹介を依頼。選手がウォーミングアップをするサブトラックの担当として通訳を務めた。

「その経験から、『英語とスポーツの合わせ技は仕事になる』と思うようになったんです」と鈴木は振り返る。

スポーツの強い国へ行って、勉強したい。将来はスポーツ界で英語を生かして働きたい――。自分は家業を継ぐ立場にあったが、その思いは断ち切れなかった。


大学時の決断が人生のターニングポイントになった(編集部撮影)

大学3年の春休み。鈴木は父・進吾さんに自分の人生をプレゼンテーションした。

レポート用紙に、自分の人生の目的、留学にかかる費用、その費用を自分で貯めるための計画などをまとめ、父に見せた。

「スポーツ界で貢献できる人間になりたい。だから、家業は継げません。そのために海外へ留学したい。資金を出してくれなんて、虫のいい話はしません。ぜひこれを読んでください」

進吾さんは「やりたいことがあって、ここまで考えているのに、反対するのは親じゃない。頑張ればいい」と背中を押してくれた。

就職活動をせず、卒業したら海外へ留学する。そう聞いた周りの友人からは「なぜ? もったいない」「人生をなめているんじゃないか」という声もあった。だが、意志を変えることはなかった。

「就活をしないでフラフラしている人に見えたのかもしれませんね(笑)。でも、自分にはやりたいことがあった。だから、周りの人と比べる必要はありませんでした」

自分で自分の道を切りひらく

1993年3月に大学を卒業後、まずはスポーツクラブのインストラクターや家庭教師、引っ越し業者などのアルバイトをして、4年間で約600万円の留学費用を貯めた。

留学先にはアメリカ・アラバマ州にあるUSスポーツアカデミーを選んだ。そこには日本人の留学生がほかにおらず、英語漬けになるために、あえてその環境を選んだ。1997年、26歳のときに渡米。コーチングやスポーツ心理学、スポーツマネジメントなどを学んだ。

日本の大学において、スポーツマネジメントやスポーツビジネスを学べる学部の設立がブームになるのは、その後のことである。当時の日本は、その分野に関してアメリカから10年遅れていると言われていた。鈴木には「私が留学から帰ってきても、日本ではまだ最先端の立場でいられるだろう」という読みがあった。

1999年に帰国。その頃、USスポーツアカデミーで職員を務めていたデビッド・スナイダー氏が日本でスポーツマネジメント会社を立ち上げた。鈴木は「とにかくスポーツ業界に入りたい」と、そこでインターンとして働き始める。

2000年には、大学時代にお世話になった佐々木先生の紹介でトライアスロン日本代表チームの飯島健二郎監督と面会。その場でこう訴えた。

「トライアスロンの経験もあるので、通訳として使ってください。自分の貯金をはたいてでもやりたい。ぜひお願いします」

飯島監督は「経歴以上に、私は自分の目で君を見る」と採用を決め、鈴木は通訳兼マネジャーとしてオーストラリアでの合宿や世界選手権、シドニー五輪に帯同した。

こうしてスポーツ業界で仕事をする経験を得たものの、それだけで十分な収入があるわけではなかった。2000年4月からは横浜市で体育の非常勤講師をしながら生計を立てていた。


スポーツにかかわる仕事をしたいという情熱を燃やし続けてきた鈴木氏だからこその今がある(編集部撮影)

当時、不安はなかったのか? その問いに、鈴木はこう答えた。

「スポーツ業界で簡単に食べていけるようになるとは考えていませんでした。

それでも、とにかくスポーツにかかわる仕事がしたかった。そのためには1つの安定した仕事に就くことだけがすべてだとは思いませんでした。大学卒業後、4年間はアルバイトをして留学費用を工面した。その経験から、『どんな仕事でも食べていける』と実感できたことも大きかったですね」

2001年には教員採用試験に合格。2002年からは教諭となった。その傍ら、2002年の夏休みには、JOA(日本オリンピック・アカデミー)の派遣事業で、ギリシャで開催されるIOA(国際オリンピック・アカデミー)のセッションに出席。2003年と2004年には同セッションで日本人初のコーディネーターを務めた。

33歳で迎えた人生の分岐点

「英語を生かして、スポーツ界に貢献する」という、大学時代に思い描いた人生を歩んでいた。2003年9月には結婚。「体育教員として、生徒たちにオリンピックのことを教えていこう。国際的な人材を育てていこう」と考えていた。

ところが、33歳のときに転機が訪れる。2004年1月。スナイダー氏から紹介された球団関係者との縁で、「オリックス・ブルーウェーブ(当時)が国際担当として、英語で交渉ができて、スポーツのことがわかる人材を探している」という話が舞い込んできたのだ。

「青天の霹靂(へきれき)とは、まさにこのこと。まさか自分に野球の仕事の話が来るとは思っていなかった。願ってもないことでした。野球経験はなくても、自分だからできることがあるかもしれないと考えました」

トライアスロンのナショナルチームでの経験から、トップアスリートへのリスペクトを持っていた。最終面接では、当時常務兼GM(ゼネラルマネジャー)だった中村勝広氏(故人)に「あなたはスポーツマインドを持っている人だ」と評価され、採用が決まった。

教師からの転身。今度の仕事は安定しているわけではないが、迷いはなかった。「どんな仕事でも食べていける。ぜいたくな暮らしはできないかもしれないけど、家族を路頭に迷わせることはない。そんな思いがありました」と鈴木は明かす。

2003年度いっぱいで教員を辞め、2004年4月から国際渉外担当として新たなスタートを切った。海外でプレーする外国人選手の情報収集をし、スカウティングし、交渉して、契約する。プロ野球でプレーした経験のあるスカウトから教わりながら、そうした仕事を進めていった。

また、2006年秋にテリー・コリンズ監督が就任してからは、監督付きの通訳を兼務した(2008年5月の退任まで)。選手と接するときにはどんなに親しい間柄でも公の場では「○○選手」と呼び、頼み事をする際は年下の選手にも敬語を使うなど、リスペクトする気持ちを忘れなかった。

野球経験がないことは、障壁にはならなかった。スカウティングに必要なのは、技術を見る目だけではない。本人の性格や家族のことなど、さまざまな情報が必要となる。英語が堪能であることで、その情報は十分に収集できたからだ。

技術に関して、もし鈴木が「あの選手はこうしたほうがいい」などとプレーヤー目線の発言をすれば、プロ野球を経験したスカウトから「わからないくせに、何を言ってるんだ」といった反発もあったかもしれない。だが、鈴木は「見るプロ」に徹した。だから、周りのスカウトたちは快く、いろいろなことを教えてくれた。

他球団のスカウトたちにもあいさつを欠かさなかった。メジャー・リーグの日本担当スカウトたちのためにチケットを手配するなど、つねに細かな気配りをした。

2014年までの11シーズン、地道に仕事を積み重ねていくなかで、鈴木の存在はメジャー・リーグの各球団のスカウト、GM、編成部長らに認知されていった。

2014年10月。43歳のとき、次の転機が訪れる。大阪シティドームに出向となる辞令が下ったのだ。

京セラドーム大阪のテナント管理やイベントの運営が主な業務。国際担当のスカウトとはまったく異なる仕事だった。周囲には、この人事異動を気の毒がる雰囲気があったという。しかし、鈴木はこれをすんなりと受け入れた。

「まわりには『痛々しい』と思った人もいたかもしれません。でも、衝動的に辞めることはしてはいけない、と。今までは、コストを費やす側だった。今度は売り上げを上げて、利益を生み出す側になる。お客さまが何におカネを払って楽しんでいるのかを勉強する、いい機会でした。新たな挑戦だと、気持ちを切り替えました」

当初は、わからないことだらけだった。テナントの店長やレストランのウエイター、厨房の料理人など、いろいろな人に頭を下げて教えを請い、一つひとつ覚えていった。アイドルグループのコンサートが開催されるときは、来場したファンの列を整理することもあった。

「とにかく、いろんな人にいろんな質問をしましたね。教えてもらうときは『過去に自分が何をしていた』というのは、あまり関係がありませんから。売り上げにはあまり貢献できなかったかもしれませんが、野球にもっとエンターテインメント性が必要だと肌で感じました」。当時のことを思い返し、鈴木はすがすがしい表情で言った。

仕事ぶりが次の仕事につながる

しかし、2015年12月に退職を決断することになる。家庭の事情で、東京へ移り住まなければならなくなったからだった。

2016年になり、次の仕事を探していた鈴木に、ロサンゼルス・ドジャースから「日本担当のスカウトを探している。興味はないか?」と声がかかった。

採用が決まった後、「なぜ、私に?」と鈴木が問うと、採用担当者は答えた。

「考える余地なんか、なかったよ。君となら、一緒に仕事をすることが想像できた。君しかいないと思ったよ」

それを聞き、鈴木は「これまでの11シーズン、国際担当スカウトとしてやってきたことを見ていてくれたんだ」と、うれしく思ったという。

プロ野球にかかわる仕事に限らず、スポーツビジネス業界では、既存のポストに空席ができたり、新たなポストができたりしたとき、「誰かいい人材はいないか?」という話になることが多い。公募することはまれだ。

そこで声がかかるのは、採用担当者が頭に思い浮かべる人脈リストの一番上に名前がある人だ。鈴木の場合がそうだったように。


鈴木 陽吾(すずき ようご)/1970年12月生まれ。早稲田大学を卒業後、USスポーツアカデミー大学院でコーチングを専攻。神奈川県横浜市で体育教員を務めた後、2004年にオリックス・ブルーウェーブで国際担当となる。大阪シティドームでの勤務を経て、2015年度で退職。2016年度からはロサンゼルス・ドジャースで日本担当顧問として日本人プロ野球選手のスカウトやドジャース傘下の外国人選手の日本への紹介などを担当している(編集部撮影)

若い頃の鈴木は、自分を売り込んでいた。世界陸上の通訳をしたときも、トライアスロンのナショナルチームにかかわったときも。

だが、オリックス・ブルーウェーブ(当時)やロサンゼルス・ドジャースには、あえて自分を売り込むことをしなかった。普段の仕事ぶりが、次の仕事につながったのだ。

「『私はこんなことができます』と自分を押し売りするのが嫌なんですよ。縁のある人から声をかけてもらって、一緒に仕事をするほうがいいじゃないですか」。鈴木はそう言って、ニッコリ笑った。

「スポーツ界で貢献できる人間になりたい」という目標を原点に、英語を学び、スポーツについて勉強した。人生を人と比べず、好きでやりたい仕事のために一歩踏み出した。そうしてやるべきことをやっていたら、チャンスが広がった。そして、準備ができていたから、そのチャンスをつかむことができたのだ。

鈴木は「人生って、良くも悪くも、自分が思うようにはいきませんよね。10年前の自分はドジャースで働くことなんて、夢にも思っていなかったんですから」と笑った。そして、こう続けた。

「あまり先のことを考えすぎると、自分の可能性や選択の幅を狭めてしまう。人生はレールの上を走るようにはいきません。想定外になることを想定しておく。そして、そうなったときに対処できる能力を高めておくことが必要だと思います」

彼の歩んできた道そのものが、まるでこう問いかけているようだ。

「好きな仕事にたどり着くために、やれることをすべてやっているか?」と。