義肢は、障がい者の活動レベルを健常者に近づけるものから、健常者を超えるものへと進化しつつある(写真:MichaelSvoboda / iStock)

わずか数年で普及したスマートフォンが、消費者の情報行動や消費行動を変革したことで、新しい企業が続々と登場して急成長する一方、さまざまな既存の業界がディスラプションに直面している。
環境変化の中でテクノロジーの進化は群を抜いて速く、その進化は、医療、労働、教育、都市のあり方を変え、個人、組織、政府の行動に影響を与えている。
これから起こるテクノロジーによる破壊と創造について喝破したブレット・キング著『拡張の世紀』(東洋経済新報社)は、中国の習近平も読んだことで話題となった。本書を翻訳したNTTデータ経営研究所の上野博氏に、テクノロジーによる破壊と創造の1つ、「人体の拡張」について話を聞いた。

伝説的なアニメ映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」では、身体パーツの人工物への置換が「義体化」として描かれているが、今、テクノロジーはそれが早晩現実となりそうな方向へと向かいつつある。

オスカー・ピストリウスを覚えておいでだろうか? 南アフリカ出身の陸上選手で、先天性障害のため生後11カ月で両脚をひざ下で切断したが、2012年のロンドン・オリンピックに、両脚に義足をつけて健常者と共に出場した。その義足の形から、彼は「ブレード・ランナー」と呼ばれた。

健常者に対して「アンフェアな優位性」をもたらす

ピストリウスはそれ以前からパラリンピックで活躍しており、健常者の大会に出場しようとしていたが、世界陸上連盟は2008年の北京オリンピックへの参加を却下している。理由は、彼の義足が健常者に対して「アンフェアな優位性をもたらす」可能性があるというものだった。


当時のピストリウスの義足はシンプルな炭素繊維製であった。しかし現在の義肢は、素材、センサー、コンピューティング、エンジニアリングといったテクノロジーの急速な進歩によって、当時よりもはるかに高性能になっている。

先進的な例としてヒュー・ハーを挙げよう。ハーは米国を代表する若手登山家であったが、登山中の事故で、ピストリウスと同様にひざ下から両脚を失った。

しかしその後彼はMITで機械工学修士を、次いでハーバード大学で生物物理学のPh.D.を取得し、その知識と技術を総動員して義足を開発した。

彼の義足は、脳からの信号を受け、義足内のセンサーから得たデータに基づいて動きを予測し、生身の脚と同じように意図して動かすことができる。その能力は、脚を失ったダンサーが踊れるほどだ(注)。

(注)ハー博士はTEDで「走り、登り、踊ることを可能にする新たなバイオニクス義肢」として、自ら開発した義肢を紹介している。

ハーはさらに登山に特化した義足を開発し、その登山能力は事故前の彼自身を凌駕するものになった。登山仲間の何人かは、「追いつくために自分も脚を切断するぞ」と毒づいたと言う。ハー博士は現在、MITメディアラボのバイオメカトロニクス・グループを率いている。

義肢は、障がい者の活動レベルを健常者に近づけるものから、健常者を超えるものへと進化しつつある。私たちは、パラリンピアンのほうがオリンピアンよりも優れた記録を出しうる時代にいるのだ。

実は、義肢に対するニーズは大きい。たとえば米国では、イラク、アフガニスタンでの任務中に地雷で肢体を失った元兵士が数多くいて、彼らの社会復帰が大きな課題となっている。

それに対しては、義肢の開発コストも大幅に低下しつつあるという朗報がある。2015年には、映画「アイアンマン」のトニー・スターク役で知られる俳優のロバート・ダウニー・Jrが、マイクロソフト社のプロジェクトに参加して、片腕を失った7歳の少年にアイアンマン形のロボットアームをプレゼントした。アームは3Dプリンター製で、製作コストはわずか350ドルだった。

次世代ARは情報を網膜に投影する?

こうしたハイテクの義肢は、人体拡張に関するテクノロジーの1つに過ぎず、他にも、視覚や聴覚などに関する拡張も開発が進んでいる。たとえばAR(拡張現実)だ。ARはVR(仮想現実)を現実世界の像に重ねて見せるもので、最近では「ポケモン・ゴー」で世界的に有名になった。

現在のARはスマホや、HUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)の中で見るものが主流だが、ウェアラブルであるメガネに映像を投影するものもすでに存在している。さらにその先にはコンタクトレンズ、もっと進めば網膜への投影も想定されている。ある対象に目を向けると、必要な関連情報や映像が重なって視野に現れるというものだ。もちろん背後ではAIが動いている。映画「ターミネーター」シリーズで、アーノルド・シュワルツネッガー演じるターミネーターの視野に映るものが、そのイメージにやや近いだろう。

センサーの多様化、小型化も進みつつあり、自らの体や健康の状態を知る能力の拡張が進んでいる。スマートフォンには加速度センサーが装備されていて、日々の活動状態を測定可能だ。より健康コンシャスな人は、リストバンド型のウェアラブルデバイスを装着したりしているが、すでに衣服型のウェアラブルが登場してスポーツの世界で使われている。

その先にあるのは「インジェスティブル」や「インプラント」、すなわち服用可能や体内留置可能なセンサーである。センサーは超小型化していずれは血球サイズとなり、それを血管内に循環させて、血液の状態をリアルタイムでモニタリングすることが可能になる。そうなれば、症状が現れる前に体調変化を検知して医者にかかることができるだろう。寿命が延びるだけでなく、医者の仕事のしかたが変わり、保険の概念や料率の考え方も劇的に変わると考えられる。

また、義肢やARは身体機能の拡張と言えるが、それ以外に体内、つまり遺伝子面からのアプローチもある。CRISPR/Cas9という技術では、DNAの任意の場所を編集、つまり切断や部分置換することが可能であり、これを使えば、遺伝子のエラーを修復するとともに、病気、欠乏症、遺伝性疾患を取り除くことができるのだ。ガン、血液疾患、遺伝性疾患、HIVなど、数多くの難病がその対象となりうる。

「AI対人間」ではなく「AIと人間の融合」

テクノロジーの力は、人間を、生身のものから人工物との複合体へと変えていくのかもしれない。AIが人間の能力を超えるという「シンギュラリティ」が話題となっているが、私たちの将来に待っているものは、「AI+ロボットvs人間」なのではなく、人間とメカとAIが融合し、協働する姿なのかもしれない。

こうした変化は、巨大な軋轢(あつれき)や抵抗と、数多くの勝者と敗者を生み出すだろう。テクノロジーの利用には、当然ながらダークサイドも存在する。しかし変化が避けられない道であるなら、私たちに問われるのは、いかにそれに前向きに付き合っていくかということだろう。