大手銀行が「仮想通貨を容認する」と見る理由

写真拡大

大手銀行は仮装通貨リップルとビットコインをつぶしたがっている──著名な銀行家たちがビットコインの前提となるものや価格などについて厳しく批判してきたことから、そうした印象を持っている人もいるはずだ。

銀行関係者が仮想通貨を攻撃するには、正当な理由がある。仮想通貨はいずれも(特にリップルは)、銀行にとっては競合相手だ。グローバル・ブロックチェーンの社長兼最高執行責任者(COO)であるシダン・ゴウランは、「大手銀行がこれら2つの仮想通貨のうちどちらか1つをつぶすことができるとすれば、それはリップルになるだろう」との考えを示す。

「銀行にとっては、リップルの方がより直接的な競争相手となる。それが主な理由だ。リップルは通貨というよりも、取引のためのネットワークのように機能する。銀行が厳しい目を向ける可能性は非常に高い。一方、ビットコインは通貨のように機能する。銀行にリップルと同じ脅威をもたらすことはない」

だが、銀行には実際のところ、ビットコイン取引を受け入れることに前向きになり始めているような兆候がある。

「銀行はビットコインの利用を奨励しているようだと言っていいと思う。ビットコイン先物取引を開始したほか、(銀行振り込みだけでクレジットカードの使用はできないが)仮想通貨取引所への送金も認めている」

リップルについても、状況は同様だと見られる。銀行にとっては、非常に価値あるものとなり得るためだ。クラウドファンドXの最高経営責任者(CEO)、ダレン・マーブルはこの点について、次のように述べている。

「リップルは銀行にとって、ブロックチェーンに関する実用的なソリューションになるだろう。銀行にとっての有用性は、非常に高い」

「大手銀行が必ずしも、リップルやビットコインをつぶそうとするとは考えられない。銀行はブロックチェーンベースのソリューションの開発に積極的に投資し、力を入れている。銀行が仮想通貨を頼りになるものと考えるようになるまでには、また仮想通貨業界がより確立したものになるまでには、もう少し時間がかかる。銀行はリップルに関する動向を注視しているはずだ」

ビットコインとリップルを支える技術を導入することと、仮想通貨を国の通貨に代わるものとして使うことは全く別のことだ。大手銀行と仮想通貨技術の結び付きがビットコインとリップルの価格にどのような影響を与えるかについて、投資家は熱狂的になることなく、落ち着いて見ていく必要がある。