4月に開園する「ふくろうの森」。真ん中の土管の先に手押ししきの井戸がある。手前には様々な作物を植えられるミニ農園もある。


 女性にとって働きやすい環境こそ会社の将来を左右する――。業績を急拡大させているコンタクトレンズ大手のシードが、女性の働きやすさを追求する改革へ向けて大きな投資に踏み切った。

 埼玉県鴻巣市にある基幹工場に隣接して保育・児童施設「ふくろうの森」を4月にオープンする。投資額は約5億円。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

2015年の営業利益分を保育施設に

 これは同社の2017年3月期の営業利益(15億1800万円)の約3分の1にあたる。いまから3年前、2015年3月期の営業利益比ではほぼ100%という投資額である。

 それだけ思い切った投資を保育・児童施設にした理由について、浦壁昌広社長は「女性活用は企業を永続的に発展・成長させるために不可欠。会社にとって最重要課題の1つです」と説明する。

 しかもシードが新しく作った「ふくろうの森」は、単なる社内保育施設ではない。地域の人たちにも大きく開かれた施設なのだ。

 認可保育園である「ふくろうの森保育園」と企業主導型の「シード保育園」、そして学童が放課後の児童クラブとして利用する「学童保育ふくろうの森」の3つからなる。

 このうち、「シード保育園」が社員向けの施設となる。定員は12人。それに対して「ふくろうの森保育園」は鴻巣市の認可保育園で定員が90人。つまり、ここで預かる子供たちの大半は同社とは関係がないことになる。

 浦壁社長は「土地代と毎年の固定資産税は地域貢献だと思って会社負担です。ただ建築費用については今後30年で何とか回収させていただきたいと考えています」と言う。

 同社で働く女性社員のための投資というより地域貢献の意味合いの方が強いのだ。

 しかし、シードがこうした立派な施設・運営内容(詳細は後述)を地域に提供していることが母親たちの話題になり評判になれば、それは同社に間違いなくプラスとなる。働く女性の支援は日本という国の大きな課題でもあるからだ。

 実は鴻巣市は待機児童がゼロ。つまり、子供を保育所に預けようと思えば預けられる。

待機児童ゼロは改革の入り口

 しかし、「子供を預けられるのと預けたいのは別です」と、「ふくろうの森」の企画に関わった経営企画部の金澤寛子係長は言う。

 「いくら保育施設に空きがあるからといってクルマで遠くまで預けに行きたくないし、子供の安全・安心も母親としては大いに気になる。待機児童ゼロでこの問題は解決しないのです」

 つまり、待機児童ゼロは問題解決の入り口でしかなく、複数の選択肢から自分にあった保育所を選べるかが大切になる。保育所同士が健全な競争を行い、施設や運営面で切磋琢磨していくことが理想だ。

 「ふくろうの森」は、そうした先の先を見据えた施設でもある。そのため、これまでの保育施設にはないようなものがいくつもある。

 この施設の運営を任された九州や東京で保育所を運営する社会福祉法人おひさま会の吉岡伸太郎専務理事は「認可保育園、企業主導型の保育園、学童保育が一体となったこのような保育所はほかに見たことがありません。企業の強いバックアップがなければ実現できません」と話す。

 それでは「ふくろうの森」の詳細を見ていこう。

 まずは園庭。冒頭の写真をみて分かるように園庭の中心には大きな土管がありその中に隠れたり、その上に乗って遊ぶことができる。小さい頃を思い出す人も多いのではないだろうか。

 庭はゆっくりとした芝生のスロープで建物の2階へと続いている。子供たちはそのスロープを使って施設の1階、2階を簡単に行き来できる。また芝生のスロープの横ではそり遊びもできる。

遊び心満点、子供の自由な発想促す

 建物の近くには手押し式の井戸が設置されていて、そこから井戸水を組み上げて水遊びができるようになっている。その水は小さな池につながっていて、「ビオトープとして子供たちの発育を促すつもりです」と浦壁社長。

 大人でも思わずポンプを押して水を出したくなる遊び心満点の設備である。

 建物に入るとエントランスにはテーブルと椅子が容易され、壁には書棚があって毎月定期的に入れ替える児童書が並べられる。

エントランス横のカフェスペース。壁の書棚には毎月入れ替えで児童書が並ぶ。


 「ここでお母さんやお父さんとお子さん、お子さん同士が会話し本を読んだりお茶をしたり、コミュニケーションを深めることができます」(金澤係長)

 その向こう側には認可保育園の「ふくろうの森保育園」の1〜2歳向けの保育室がある。床は檜の無垢材でできており、床暖房が設置されて、園児たちは裸足で走り回れる。

 もちろん窓は2重窓で1年中快適な温度湿度に保たれている。

 入口の反対側には事務所があり、その奥が企業主導型保育園の「シード保育園」がある。そして事務所のもう一方にはこだわったというランチルームがある。

対面キッチンは子供と目線が同じ

 ここで子供たちはお昼を取るのだが、キッチンとは対面式になっていて、料理を作る様子がガラス越しにはっきり見える。

 園児たちの目線でよく見えるようにキッチンの床はランチルームより下げられていて、料理をする大人と園児たちの目線が合うように設計されている。

ランチルーム。向こう側の窓の先がキッチン。料理をする人と園児の目線が合うように設計されている。


 また、「厨房設備にもこだわりました」と浦壁社長が言うように、まるで本格的なレストランの厨房を思わせるような作りになっている。

 2階に上がると、3歳児以上を対象にした「ふくろうの森保育園」「シード保育園」と「学童保育室」の3つがある。南側に向かって全面ガラス張りで、園児たちはそこがまるで1階かのように外に出て、スロープを下り庭で遊ぶことができる。

 2階の施設の極めつけは中央に配置された「ラボ」と呼ばれる施設。北側の壁は一面が黒板になっており、床は保育室とは違った金属調のクロスが敷き詰められ、黒板以外の3方の壁は透明なアクリル板で仕切られている。

 このアクリル板もペンで絵や字を書くことができる。ちょっと先進的な科学の実験室といったイメージだ。

子供に科学の面白さ伝える「ラボ」

 ここではシードにいる研究者が子供たちを相手に簡単な実験をしたり講義をしたりするという。製造業ならではの施設と言えるだろう。

 まだ調度品が整っていない段階で浦壁社長に案内してもらったが、こだわり抜いた施設に社長も大満足といった印象を受けた。

2階にある「ラボ」と呼ばれる施設。科学室のような作りで、実際にシードの研究者が簡単な実験や講義を行うという。奥の黒い壁は黒板になっている。


 設備の重要性を知り抜いた、コンタクトレンズ製造という装置産業の経営者だからこそ作ることができた施設と言えるかもしれない。

 次回は急成長するシードの快進撃の秘密と女性活用について浦壁社長のインタビューを中心にお伝えする。

(つづく)

筆者:川嶋 諭