今回は食事にショウガを取り入れると良いワケ、そして調理法もご紹介します。さっそく今日から!

アスピリンに似た抗炎症効果を自然と持っている

外側は固くても、中はみずみずしくて風味豊かなショウガ。頭痛や胃のむかつきといったよくある症状を和らげる力がみなぎっているのです。

研究によると、ショウガの粉末は一般的な薬と同じくらい片頭痛に効果を持っている可能性があるそうアスピリンに似た抗炎症効果を自然に持っているからです。この効果で、頭痛と一緒にありがちな吐き気も和らげてくれます

それに、そもそもスパイシーなショウガの風味はいろいろな料理をおいしくしてくれますから、取り入れるのも簡単。

ショウガの使い方:

お店のスパイスコーナーに並んでいる粉末を買ってもいいですし、生のショウガを使う場合は、まず外側の固い皮をむいて、黄色の中身を小さく刻むか、すりおろします。ショウガ茶は鼻づまりなどの風邪の症状にも効きますから、自分だけの「カルダモンとショウガのチャイ」を作ってもいいでしょう。

<ショウガおすすめメニュー>

サーモンのショウガ焼き

サーモンの豊かな風味とバランスを取るためにショウガがよく使われます。このアジア風の一品は、ふたつの味を手軽に素早くひとつに。

料理サイト「ウェル・プレイテッド(Well Plated)」より。

ブルーベリーとショウガのモヒート

カクテルにも、ノンアルコールの「モクテル」にもできるこの組み合わせ、きっと新しいお気に入りに。(ブルーベリーも、糖尿病を撃退するスーパーフードです)

料理サイト「ホワット・モリー・メイド(What Molly Made)」より。

ジンジャー・アーモンド・クッキー

甘すぎず、スパイシーなショウガが際立つ歯ざわりの良いクッキー。クリスマスホリデーのクッキー交換にも最適(もちろん、自分用にしても!)。

料理サイト「ザ・ライフ・ジョリー(The Life Jolie)」より。

The Editors of Prevention/30 Days Of Superfoods: Ginger To Ease Nausea And Headaches

訳/STELLA MEDIX Ltd.