「初の英豪直行便」として空港職員らに盛大に見送られるカンタス航空の特別塗装機(写真:カンタス航空提供)

「カンガルールート」と呼ばれる、英国―豪州間の航空路が開かれて今年で70年あまり。航空会社各社が様々な乗り継ぎルートを開拓し、顧客獲得にいそしんで来たが、その勝負に決着をつけるべく、豪カンタス航空がついに英豪間の無着陸フライトの運航を開始した。飛行時間17時間超、距離1万5000キロメートルと記録ずくめのこの便、はたして機内ではどんなことが起こっているのだろうか。

航空業界では毎年、欧州の夏時間実施と同時にダイヤ改正が行われる。カンタスの英豪間直行便の初便は、新ダイヤ開始となる3月25日にロンドンを折り返すという設定で組まれたため、オーストラリアからの出発は1日早い24日の就航となった。

使用機材はボーイング社製「787ドリームライナー」だ。飛行時間17時間20分、距離1万4498キロメートル、燃料消費が10万リットルに及ぶ英豪直行便の就航に当たり、限られた燃料でより遠くに飛ばすための工夫として、座席数は236席と、同型機平均の300席強と比べ大幅に減らしている。

ちなみに飛行距離で見ると同便は最長距離番付でカタール航空が運航するドーハ―オークランド便の1万4535キロに及ばないものの、同便は最長距離番付では3位にとどまるが、英国とオーストラリアとの人的交流は頻繁で、2国間を直行させることが航空会社にとっても、航空機メーカーにとっても大きな目標だった。

それだけに、2016年暮れに運航が決定して以来、英国では「あの英豪便、飛ぶのが楽しみだよね」「僕は17時間なんてファーストクラスでも嫌だよ」といったような形で飛行機バナシのネタになることがけっこう多かった。そんな注目を浴びる中、いよいよこの春、満を持しての登場となったわけである。

「乗り継ぎ」は誰にとっても面倒なもの

日本人の海外旅行の傾向として、「乗り継ぎ便だと、海外空港で何か起こった際、言葉が通じないと困る」「目的地までとにかくたどり着きたい」などの理由で、より直行便を好むようだ。実際に、英国に来る日本人の初回訪問者にランダムに尋ねてみると、添乗員のいない個人旅行者のほとんどが直行便で飛んで来る。「12時間飛びっぱなしより、途中で一旦どこかで降りたほうが楽じゃないですか?」と振ってみても、ほぼ100%の人が「いえ、そんな面倒なことは嫌」と否定する。

「乗り継ぎは面倒」という傾向は日本人に限った話ではない。英国人とオーストラリア旅行の話をすると、特に高齢者からは「ロンドンを出たらまっすぐシドニーまで行ってくれると良いんだけどね……、どこかで必ず乗り換えなきゃいけないから……」と愚痴る声も多く聞いた。そういう意味では「余分なところに行かずに済む」直行便就航のインパクトは大きい。実際に、これまでの中東経由の便より3時間短縮できている。

しかし、現在の技術と機材でロンドンからたどり着けるオーストラリアの街は、最も西側にあるパースだ。ここから大都市であるシドニーやメルボルンに行くには、さらに3時間以上も飛ばねばならない。それでも、よその国で乗り継ぐよりは心理的影響は小さいのかもしれないが、「17時間以上乗りっぱなし」というほとんどの人にとって未体験な世界は一体どんなものだったのだろうか。

飛んでいる間じゅう、ずっと真っ暗

ところで日本から欧州へのフライトの多くは、日本をだいたい日中早い時間に飛び立ち、現地時間の夕方に着くという形で飛んでいる。これだと、飛行時間は12時間以上あるものの、ずっと日中に飛んでいる格好となり、運が良ければ下界の風景も随時楽しめて、しかも時差ボケの影響も少ない。現地着陸後にホテルにたどり着きさえすれば、既に時間は夕刻、そのままベッドに潜り込むこともできる。


カンタスのアラン・ジョイスCEOは「ロンドン―シドニーの直行便実現」を、と期待感を示す(写真:カンタス航空提供)

しかし、パース発ロンドン行きは、日本―欧州ルートと比べてはるかに過酷だ。ダイヤ設定が夕方出発で、ロンドン着が早朝と、飛行中一度も太陽を見ることができない。

「こんなに鬱々とした気分になるフライトは過去に記憶がない」

英大衆紙サンの記者、ジェイコブ・ルイスさんは、同紙ウェブに事細かなフライト体験記を書いているが、最も目を引いたのがこのポイントだ。

調べてみると、東南アジアから欧州に向かう便は、日本発とはまったく異なるトレンドがある。日本人の利便性を考えた日中発とは異なり、アジア各地を深夜0時前に出発、早朝5時前後に現地着と、機内で充分に睡眠できる時間設定で忙しいビジネスマンのニーズに応える形となっている。

パース発ロンドン行きも概ねこのトレンドに沿ったスケジュール設定になっており、夕方7時前に出発、マレー半島の南側上空を深夜0時ごろ通過し、ロンドン着は朝の5時だ(時刻はいずれも現地時間)。

あえてエコノミークラスに搭乗した記者のルイスさんは、「飛び立って12時間を過ぎたころから背中の痛みがひどくなった。飛行機を降りて歩くのにフラフラ、少しでも早く横になりたい」と訴える。ところが、朝の5時に着いてホテルに直行したところで、チェックイン開始まで半日以上もある。日本からのハワイ旅行で「飛行機を降りてから、ホテルに入るまでの観光の時間が辛い」という話を聞くが、その状況とは比べ物にならない厳しさが待っている。

17時間あれば、「映画が7〜8本みられる」とか、「ビートルズの全アルバムがおよそ2回ずつ聞ける」とかいった例えもあるが、「ハリー・ポッターの映画全作が一気にみられるといっても、少しも嬉しくない」

機内食には水分摂取量を多くした工夫も

17時間超のフライトを飛ばすに当たり、カンタス航空はさまざまな工夫を凝らしている。使用機材の「787ドリームライナー」の機内気圧は、だいたい標高1900メートル付近と同等とされ、従来機の2400メートル相当と比べ、身体に与える影響はより小さくて済む。


長時間フライト用に「水分の摂取量」を多くしたという機内食。効果のほどは如何なものか?(写真:カンタス航空提供)

「長距離フライトの時は、水分をよりしっかり摂るように」とさまざまなところでそういった案内を目にするが、機内でトイレに行くのが面倒といった理由で、普段よりむしろ控え目にする人もいるだろう。

そんな中、カンタスは今回の英豪直行便就航に際し、シドニー大学とともに、より水分がたくさん取れるレシピを開発。フライトでの体調維持に役立つメニューを提供している。とはいえ、フルーツが多めで「腹持ちがあまり良いものではなかった(搭乗したKwongさん)」というコメントもあり、今後改良の余地がありそうだ。

機内では、随時自由にスナックや飲み物を取ることができる。これまでの長距離便にもこういったサービスは行われているが、物量にかけては従来機とは比べて桁違いで、「スナックやお茶など、飲食関連の細かいサービスアイテムは合計21000個積んでいる(カンタス広報)」ということだ。

さらなる課題は機内Wi-Fi

近年、多くのフライトで機内Wi-Fiの設備が搭載されている。国内線では無料だったりと、仕事の準備を機内でしたりするのに便利になった。機上からの富士山の写真がSNSにアップされる機会が増えているのもそのせいだろう。


「経由地」が消えたロンドン行き出発案内表示。初期の英豪便は途中5カ所に停まったという(写真:カンタス航空提供)

さて、英豪直行便の飛行中、下界との通信環境はどうなっているのだろうか。記者のルイスさんは、「こんなに長時間にわたってネットと接続できないのは、スマホを持って以来初めてのこと」といったコメントを綴っており、インターネット環境の整備には課題を残している。もっとも、東南アジアから南アジアにかけての上空は衛星経由のネット接続が難しい傾向があるので、必ずしも機体側の理由ということもなさそうだが、「地下鉄で駅間を走る2分間、Wi-Fiが切れるだけでもイライラするロンドナー」にとっては、15時間以上メールやSNSがチェックできない前提で飛行機に乗り込むことはとても辛いこと、と感じるに違いない。

このように、超長距離便の状況をつぶさに見ていくと、乗客への負担が意外と大きいことが浮かび上がってくる。「長時間夜行便+早朝日の出前の到着」というフライトで飛んで来た結果、数日間疲れが取れないという結果になるやもしれない。

それでも、運航側から見れば、無着陸直行便を飛ばすことで、かなりの経費節減にはなるという。カンタスのアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は昨年夏、ボーイング社とエアバス社双方に対し、「2022年までに、シドニーからロンドンやニューヨーク、リオデジャネイロへ無着陸で飛べる機体の開発を」と呼びかけた。もし実現すれば、旅慣れない人にとって便利な直行便での旅行が実現する一方、ロンドンまでの予測される飛行時間は20時間を超えることとなり、さらなる身体への影響も考えなくてはならなくなるだろう。

より遠くまでスムーズ、快適に飛びたい願望は、誰もが持っていることだろう。しかし、その限界点はどこにあるのだろうか。技術の進歩と人々が付いていけるギリギリのところでのせめぎ合いが今後、論議されることになるのだろうか。