金正恩委員長の北京への電撃訪問が意味するものとは?(写真:ロイター)

『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』を発刊したばかりの五味洋治氏に金正恩・朝鮮労働党委員長の北京訪問のインパクトについて分析してもらった。

過去7年間、断絶状態だった北朝鮮と中国が、突然「蜜月関係」に変わった。金正恩・朝鮮労働党委員長が、電撃的に北京を訪問し、習近平・中国国家主席と握手し、5時間にわたって会談したからだ。そこで交わされた合意の内容を見て、4月から5月にかけて正恩氏と首脳会談を予定している韓国と米国には、「悪い予感」が広がっている。

国家元首用の豪華な18号楼を用意

3月25〜28日に渡って北京を訪れた正恩氏への中国政府の歓待ぶりは、目を見張るものがあった。正恩氏が乗った特別列車が中国入りすると、北朝鮮との窓口である中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長が乗り込んで、歓迎した。

北京駅では、習主席の知恵袋と呼ばれる、共産党序列5位の王滬寧・中央政治局常務委員らが待ち受けていた。

列車から駅構内には赤い絨毯が敷かれており、多くの関係者が出迎えた。さらに宿舎となった北京市内の釣魚台迎賓館では、国家元首用の豪華な18号楼が用意されていた。

ここは、40回以上訪中した祖父の金日成主席、9回訪中した金正日総書記(いずれも故人)の訪中での定宿だった。この楼の外には、金日成氏が贈った木が大きく育っている。また、中国滞在中、中央政治局常務委員3人と面会し、習主席と2回食事を共にしている。「非公式訪問」のはずなのに、事実上は国賓待遇だった。


儀仗兵の閲兵は人民大会堂内で行った(写真:ロイター)

金正恩氏は、人民大会堂で習主席と首脳会談を行っている。この時、ふつうは屋外で行う儀仗兵の閲兵を、大会堂内で行っている。正恩氏の訪中が、ひと目に触れないようにとの特別な配慮だったようだ。

筆者はかつて、北京で3回、金正日総書記の訪中を目の当たりにしたが、まるでその時の記録映像を見ているような錯覚に襲われた。

金正恩氏が乗った車列が通過する幹線道路に武装警察官が数メートルおきに並び、警備する方法。さらに「非公式訪問」として、訪中期間に、誰が来ているのか、中国政府は沈黙を守り、何も発表しないのも、そっくりだった。

驚くのは、この厚遇ぶりだけではない。首脳会談の合意内容だ。

「半島の非核化は解決可能」

この中に、北朝鮮の非核化について正恩氏は、「平和の実現のために段階的で同時並行的な措置が取られるなら、(朝鮮)半島の非核化は解決可能」と発言したという。

正恩氏が非核化の意思を初めて表明したのは、3月5日、平壌を訪問した韓国の特使に対してだった。この時、正恩氏は、非核化について「北朝鮮に対する軍事的な脅威が解消され、北朝鮮の体制安全が保障される」ことを条件として挙げていた。いわば、最終目的だ。

ところが、中国に対しては、焦点となっている非核化の「方法」を語っていた。

「段階的解決」というのは、過去に行われた北朝鮮の核問題をめぐる米朝協議などで、北朝鮮が好んで使ってきた用語であり、「過去25年間、北朝鮮が主張してきた方式」(韓国の有力紙「朝鮮日報」)。

要するに、核放棄に向かって少しずつ譲歩するが、米国や韓国から、それに見合った見返りが必要という意味だ。簡単には応じないという姿勢の表明でもある。

これでは、時間ばかりかかって非核化がなにも進まなかった過去の協議と何も変わらない。もちろん、中国もこの方法を支持しているのは間違いない。

これまでは、北朝鮮が国際社会からの制裁を受け、また米国が北朝鮮への武力攻撃も匂わせていることが効果を挙げてきたが、中国の「介入」で、北朝鮮は、国際的な孤立を脱却したように見える。

トランプ米大統領は、国益のためにはどんな方法でも取る指導者だが、中国も同じだ。これまでは米国と歩調を合わせて、北朝鮮への経済制裁を実行してきた。

しかし、トランプ大統領が最近、中国からの輸入品に高い関税をかけると表明したことから姿勢が変わった。

中国側は「貿易戦争は望まないが、決して恐れない」「中国はとことん戦う」と宣言している。このため、専門家の中には、北朝鮮問題をカードにして、米国に譲歩を迫るつもりではないかとの分析も出ている。

サンダース米大統領報道官は28日、中朝首脳会談について聞かれ、一定の評価をする一方で、「(米朝首脳会談が)正しく行われることを確認したい」と述べ、警戒心も覗かせた。中国の後ろ盾を得て、北朝鮮が核問題をめぐり、強気で出てくる可能性を感じているのだろう。

韓国政府も穏やかではない。文在寅大統領は昨年12月に3泊4日で訪中しているが、空港での出迎えは、中国外務省の幹部で、習主席との夕食会は1回だけ。中国政府の指導部である中央政治局常務委員は、2人としか会えなかった。

明らかに、正恩氏の方が大切にされている。

また、韓国の特使団が平壌を訪れ金正恩氏と会談した際には、特使団が懸命にメモを取る様子が北朝鮮のテレビで放映され、韓国で「卑屈だ」との批判が起きた。

「運転席を金正恩に完全に奪われた」

今回の訪中で正恩氏は、逆に習主席の話を聞きながら熱心にメモを取っていた。

このシーンは、韓国メディアをやはり刺激したようだ。「習主席が兄で、正恩氏が弟のように見えた」(東亜日報)と皮肉っぽく伝えている。

文大統領は来月27日に、金正恩氏と首脳会談を行う。今回の中朝首脳会談の結果について韓国政府は、とりあえず「(今後の首脳会談に)肯定的な影響を与えるだろう」と評価している。

しかし、韓国の野党からは、「韓国政府が下手な運転をしている間に、(核問題をめぐる協議の)運転席を金正恩に完全に奪われた」(洪準杓自由韓国党代表)と政府の楽観的な見方に、批判が起きている。