[東京 29日 ロイター] - 富士フイルムホールディングス <4901.T>の古森重隆会長・CEO(最高経営責任者)は29日の会見で、米ゼロックス<XRX.N>の買収について「クリアできると思っている」との見通しを示した。

米ゼロックスの大株主のカール・アイカーン氏や実業家のダーウィン・ディーソン氏が富士フイルムHDによるゼロックス買収に反対している。

古森会長は「株主が皆騒いでいるわけではない。株主に対してメリットを説明しており、理解してもらえる」と述べた。ゼロックスの株主総会においては「今の提案内容で」と述べ、変更はないとした。

(清水律子)