新iPadだけじゃない。アップルがイベントで見せた「教育市場への本気度」
3月27日に行われたアップルのイベントは、シカゴの工業高校を貸し切るという前代未聞の内容だった。

コンシューマーに対しては新iPadの発表会ともなる今回のイベントではあるが、現場での取材からは、むしろアップルが教育市場に向けて本気で取り組み、教師たちを支援していくという明確なメッセージが強調されていた。

今回のイベントでは、生徒がiPadでどの学習アプリを使い、どれくらい進捗が進んでいるかを確認できる仕組みが発表された。また、マルチアカウントとして、1台のiPadに対して、複数の生徒がそれぞれログインして、自分の使っている環境を呼び出せる仕組みなども公開された。

今回のイベントで面白かったのが、我々記者陣も、学生気分で参加できたと言うこと。当日朝にメールで「時間割」が届き、そのスケジュールに沿って講堂にいったり、指定された教室に行って体験しながら取材するというスタイルだったのだ。

そんななか、思わず背筋を伸ばして参加したのが、「クラスルーム」の時間だった。教室に入ると二人一組にさせられ、目の前には発表されたばかりのiPadが置かれている。

まず、授業の最初に行われたのが、iPadとアップル製動画作成アプリの「Clips」を使って、「1、1、3、5、8」というフィボナッチ数(イタリアの数学者、レオナルド・フィボナッチにちなんだ数)で、俳句を作るというものだ。

数学の授業で俳句をやるというのがイマイチ理解できなかったが、それよりClipsで自分のコメントを自撮り動画しなくてはいけないのが苦痛であった。

▲今回アップルが打ち出したメッセージの一つが「Everyone Can Code」


次のテーマとして与えられたのが、Swift Playgroundsだ。iOS向け開発言語であるSwiftを学ぶためのiPadアプリだが、これを使って、コードを組み、ロボットを動かすという課題に取り組んだ。

授業に参加し、iPadを操作していると、今回アップルが発表した教室向けの支援システムの使い勝手がよくわかった。

例えば、Clipsを使う際には、先生側のiPadで遠隔操作されており、生徒側では何も操作しなくても、自動的にアプリが起動していた。また、Clipsを使っている際にホームボタンを押しても、ホーム画面には戻らない。ほかのアプリを起動して、ゲームで遊んだり、YouTubeを見まくるということができなくなっているのだ。

1時間弱のクラスルームであったが、iPadを使って授業を受けるというのが、どういったものか、なんとなく理解できた。もちろん通常の学校と同じように、授業についてこれない落ちこぼれもいたようだが、そういった生徒も本来であれば、先生側でアプリの進捗状況が確認できるので、すぐに対応して追いつくことができるはずだ。

 
関連記事:
新iPadで受ける授業をオトナが体験してみた


▲そして今回は「Everyone Can Create」のメッセージも打ち出している


ちなみに、日本でiPadを授業に取り入れている高校を取材したことがある。そのクラスでは、理科の実験でiPadを使っていたのだが、生徒がどのように実験すれば良いかをまずYouTubeで調べ、それと同じ方法を理科室で再現。

その様子をiPadのカメラで動画としておさめ、実験結果をパワポでまとめ、レポートを作成。さらにiPadをHDMIケーブルで電子黒板につなぎ、他の生徒の前でプレゼンする......という進行で授業をしていた。

ただ、そうした活用をしている学校は、まだまだ少数派だろう。やはり、教育現場でiPadを活用するとなると、先生たちも使いこなせるようにならないと、生徒と一緒に使うというわけにはいかない。

とはいえ、先生たちの多くは、子どもの頃から紙の教科書とノートで勉強し、先生になっても、紙と黒板で授業をしてきた人ばかりだ。すぐにiPadを活用して授業を......といっても難しいことだろう。



今回アップルは、iPadだけでなく、教育現場を支援する様々なツールやサービスを発表した。おそらく生徒たちにiPadを渡せば、「What's Computer?」とでもいいながら、すぐに使いこなしてしまうだろう。

むしろ問題なのは、iPadに拒否反応を示す先生たちだ。iPad推進派の先生たちに話を聞くと「校内でiPad反対派の先生たちを納得させるのが大変」という愚痴を聞くことがある。

日本でも授業で当たり前にiPadが活用されるようになるには、まずはすべての先生たちの意識を変える必要がありそうだ。