画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「ボギー車」になったロマンスカー

2018年3月17日に実施された小田急電鉄のダイヤ改正については、さまざまな話題があったが、中でも注目されたのが、新型ロマンスカー70000形「GSE」のデビューだろう。オレンジ一色に思える外観や、小田急の伝統を受け継ぐ展望席などが注目の的となっている。

ただ、2005年に登場した同じく展望席付きの50000形「VSE」とは異なり、「連接車」であることをやめ、展望席がない30000形「EXE」や60000形「MSE」、あるいは通勤型電車と同様の「ボギー車」となったことには、あまり着目されなかったようだ。

○連接車は特殊な存在

鉄道車両において一般的なのはボギー車の方だ。細長い車体の車端に近い部分に、前後各1台ずつ、車輪を2軸組み込んだ台車を履かせる構造で、用途を問わず、旅客用の車両のほとんどがこれを採用している。

ただしボギー車には、例えば台車より外側の部分(オーバーハングと呼ばれる)の振動が大きくなり、乗り心地が悪くなるといった欠点もある。それを克服するために考案されたのが連接車だ。台車を車両の連結部分に置き、双方の車体を台車の上に乗せる。こうすることによってオーバーハングがなくなるという利点が得られる。

しかしながら連接車にも、検査の際などに車両を切り離すことが面倒で、特殊な設備を用いなければならないなどといった欠点がある。それゆえ日本ではあまり普及せず、代表格が小田急ロマンスカーであった。

●ホームドア設置には車両の扉の位置が問題

連接車はオーバーハングがない分、1両あたりの長さがボギー車より短い。例えばVSEは10両編成だが、全体の長さは一般的な1両あたり20m級車両に換算すると7両分しかない。

20m級×7両=約140mという長さは、箱根登山鉄道の小田原〜箱根湯本間に乗り入れ可能な列車の限界でもあり、小田急ロマンスカーはこの制限を受ける。GSEも20m級車両の7両編成である。

特急型車両の乗降扉は、必ずしもホームドアに対応する位置にはない。写真はGSEに次いで新しいMSEの例

反対に、列車全体の長ささえ合っていれば、これまでは連接車であれボギー車であれ、営業運転に差し支えはなかった。しかし、安全上からホームドア設置が求められるようになると、車両1両ごとの長さや、乗降扉の位置などにも制限がかかるようになってきた。要するに、ホームドアと列車の扉の位置が合っていなければ、乗降が困難になるのだ。

○ネックは特急型車両?

多くの鉄道会社における通勤型電車は、20m級の車体に片側4ヶ所の扉を持つタイプだ。そして、その路線のすべての車両が同じタイプにそろっているならば、ホームドアの導入は難しくない。JR山手線がよい例である。

しかし、小田急ロマンスカーのように、車体の長さも扉の位置も異なる車両が同じ路線を走っている場合は、少々厄介である。VSEが2005年、次のMSEは2008年に登場しているが、小田急で初めてホームドアが設置されたのは2012年の新宿駅。それも急行、快速急行などが発着する4・5番ホームのみで、特急ロマンスカーが停車する駅、ホームには、いまだどこにも設置されていない。

●小田急もホームドア整備へ

ただし、解決策がないわけではない。扉が開閉する幅をより広く取れ、多くの車両のタイプに柔軟に対応できる昇降式ホームドアもその一つ。小田急も、2017年9月から2018年3月にかけて愛甲石田駅でこれの実証実験を行った。

小田急は2022年度までに、1日の利用客数が10万人を超える駅にはホームドアを設置する計画を、すでに発表している。その中には新百合ヶ丘、町田、本厚木など、特急停車駅も含まれるため、従来のタイプとは異なるホームドアを採用するなど、何らかの対応が取られることになる。

そして、車両面で初めて、ホームドアへの対応が取られたロマンスカーがGSEである。報道公開や試乗会の際、いささか違和感を覚えたのが、この車両の乗降扉の位置。インバウンド客の増加に伴い、必要性が増したラゲージスペースを4号車を除く各号車に設けたのはよいが、3・5号車については、これが客室外の車端部にあり、その内側に乗降扉が設けられていた。言うまでもなく、自分の荷物は自席から見える範囲において置きたいもの。その他の号車は客室内にラゲージスペースがあって安心感がある。

こういう配置となった理由として気がついたのが、ホームドア対策。つまり、車両のいちばん端に乗降扉を持ってこないための設計だった。3・5号車以外の号車は車端部に乗務員室やトイレ・洗面所が設けるため、乗降扉は「自然に」車端部を避けることができる。3・5号車にはラゲージスペースと客席以外、特別な設備はない。それゆえ、ふつうに設計すると、乗降扉は車端部になる。

一方、片側4カ所に扉がある通勤型電車の車端部には乗降扉はなく、やや内側に寄っている。混雑に偏りが出ないよう、扉1カ所あたりの床スペースを均等にするための工夫だ。GSEの乗降扉の位置は、通勤型電車の扉位置に極力、合わせたと見なしてよいだろう。なお、身障者用の大型トイレや多目的室がある4号車は、車端部にこれらのスペースが広く取られているが、乗降扉の位置は、通勤型電車の車端から2ヶ所目の乗降扉と、それほどずれていない。

○汎用性があるGSEの車体

GSEは小田急のシンボルとして、展望席がある先頭車両付きで製造されたが、ボギー車かつホームドアに対応できる設計となれば車体の汎用性は高い。EXEやMSEのように展望席がなく、途中での連結・切り離しに対応する貫通扉付きの先頭車を連結する可能性も、十分にある。

70000形「GSE」と名乗るかどうかは別にして、今後、登場してくる新しいロマンスカーはGSEの車体設計を基本とするつもりではあるまいか。設計に要する費用や手間は大きい。今後の標準と位置づけることも考えて、GSEは設計されたように見受けられる。