米アップルは3月27日、予定どおり米イリノイ州シカゴの高校でイベントを開催し、この会場で新型の「iPad」を発表した。

 これは、同社が「第6世代iPad」と呼ぶ、エントリークラスのモデルで、画面サイズは従来どおりの9.7インチだ。

 価格は329ドルからと、昨年(2017年)、値下げして発売した第5世代モデルと同じだが、プロセッサー性能を向上させ、新たにスタイラスペン「Apple Pencil」(別売りで99ドル)を使えるようにしたのが特徴。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

教育市場でグーグルのシェア、6割に

 同社は併せて、ワープロや表計算などのソフトの最新版や、先生と生徒が課題や配布資料などを共有、管理できるようにするソフト、先生が写真や動画といったクリエイティブなコンテンツを利用できるようにするプログラム、先生と生徒が無料で使えるクラウドストレージの容量の拡大といった特典も発表した。

 こうしてアップルは、教育市場に向けてiPadを積極的に売り込みたい考えだ。

 英国の市場調査会社フューチャーソース・コンサルティングによると、米国のK-12(幼稚園から高校3年生)教育市場におけるアップルの製ハードウエア製品の出荷台数シェアは、2012年時点で50%を占めていた。

 しかし、昨年は、これが19%にまで低下している。一方で、5年前にわずか5%程度だったグーグルのシェアは、昨年59%に拡大。米マイクロソフトのWindows搭載機も、5年前に43%のシェアがあったが、昨年は22%に低下している。

 グーグルのChromebookやWindowsパソコンといった低価格機器の浸透によって、iPadのシェアは低下したと、アナリストは分析している(米ウォールストリート・ジャーナル)。

教育機関には299ドルで販売

 前述したとおり、アップルは、廉価版iPadの価格を据え置いて販売する。これまで旗艦モデルの「iPad Pro」だけが対応していたApple Pencilも、廉価モデルで利用できるようにした。

(参考・関連記事)「アップル、教育市場で巻き返しか」

 そしてアップルは、これらを教育機関に、それぞれ299ドルと89ドルという特別価格で販売する。こうして、この市場でシェア拡大を図る同社だが、iPadは依然、価格競争力が低い製品だと、ウォールストリート・ジャーナルの記事は指摘している。

それでもiPadは割高?

 現在、市場に出回っている他社製品(ChromebookやWindows搭載機)は、その多くが300ドル以下で売られている。一方、教育現場では、スタイラスペンに加え、キーボードも必要になる。iPadの学校向け価格は300ドルを切るものの、これらの周辺機器を加えると、あと150ドルの追加費用が必要になると、ウォールストリート・ジャーナルは指摘している。

 果たしてiPadは、教育市場で巻き返せるのだろうか?

 iPadの販売台数は、2013年をピークに減少に転じ、3年間、マイナス成長が続いた。販売が回復したのは、昨年4〜6月期のことだが、その台数はピーク時の半分程度にとどまった。

 アップルにとって、iPadは、販売台数ベースでiPhoneに次ぐ規模の事業。かつてiPadは、売り上げベースでも同社第2位の事業だった。しかし今は、パソコン「Mac」、「Apple Music」「Apple Pay」などのサービス事業に続く、第4位の事業になっている(昨年10〜12月期の決算資料)。

筆者:小久保 重信