寄り付きの日経平均は反発、円安進行支え 上げ幅一時200円超す

写真拡大

[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円65銭高の2万1250円96銭となり、反発して始まった。前日の米国株は下落したが、ドル/円<JPY=>が一時107円台を付けるなど円安が進行。これを支えに主力株の一角に買い戻しが入っている。業種別では石油・石炭やゴム製品、ガラス・土石などの上昇が目立つ。一方、医薬品がさえない。