※写真はイメージです(写真=iStock.com/yngsa)

写真拡大

高校の運動部で「丸刈り」にする選手が増えている。高校野球では90年代に5割から3割に減ったが、現在では8割ほどに増えている。高校駅伝でも6割のチームが丸刈りで、このトレンドはほかのスポーツにも広がっている。なぜなのか――。

■なぜ高校野球部員の丸刈り率が増しているのか?

「春の甲子園」が始まった。高校球児たちのキビキビとした動きを見て、身が引き締まる思いをしている人は少なくないだろう。真っ白なユニフォームが土で汚れても、彼らの“さわやか感”がなくなることはない。

なぜだろうか?

その大きな理由は、球児たちの若さと“頭”にあると筆者はにらんでいる。ご存じの通り、甲子園球児に長髪はいないからだ。大半の選手たちが丸刈りで、ハツラツとプレーしている。

実は高校スポーツにおける丸刈りは、野球部だけのものではない。サッカーやバスケットボール、バレーボールの全国大会でも、かなりの選手が丸刈りにしている。

筆者が毎年取材をしている全国高校駅伝でも男子チームの“丸刈り率”は高い。筆者が高校時代だった20数年前から、その光景はほとんど変わらないなと感じ、ちょっと調べてみた。すると、驚くべき結果が出た。

▼「高校駅伝」も20年前より丸刈りが増えていた

“丸刈りチーム”の数は変わらないどころか、むしろ増えているのだ。昨年12月の全国高校駅伝出場校で部員全員が丸刈りにしていると思われるチームは全47校中29校。一方、20年前の1997年大会は21校だった。集合写真で確認したため判別しにくいチームもあったが、筆者が数える限り、当時より現在のほうが多いという結果だったのだ。

さらに調べてみると、野球部の丸刈り率もアップしていることがわかった。日本高校野球連盟と朝日新聞社は1993年から5年に一度、全国の加盟校(約4000校)を対象に、頭髪の実態調査をしている。初めて調査した1993年は丸刈りの学校が51%で、1998年に31%にまで減少。ところが、2000年代に入ると03年46%、08年69%と増加し、13年には79%となっている。

90年代に丸刈り率が下がった理由は、93年にサッカーJリーグの開幕などがあり、自由なヘアスタイルに憧れる高校生が増えたからだと思われる。それが一転、2000年代で丸刈り復権となったのは、なぜだろうか。

さまざまなスポーツでトレーナーを務める知人が、ある強豪校野球部のコーチに聞くと、「丸刈りにしないと他校から笑われるんですよ。だから選手たちが自主的に丸刈りにしています」という答えが返ってきたという。野球部では丸刈りのチームでないと練習試合を断られることもあるそうだ。

■なぜ寒さの厳しい地域なのに頭を丸めるのか?

ほかのスポーツではどうなのか。私が取材を続けている陸上競技の場合、昨年末の全国高校駅伝の優勝校・佐久長聖も部員全員が丸刈りにしている。標高約700mに位置する長野県佐久市は寒さに厳しい地域。丸刈り頭には不向きなようにも思えるが、冬になると彼らはニット帽をかぶってトレーニングに励んでいる。

同校OBである佐藤悠基(日清食品グループ)、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)ら日本を代表するトップランナーも高校時代は丸刈りで過ごした。同じく同校OBで現在はチームの指揮を執る高見澤勝監督は、「監督命令で丸刈りにしているわけではない」と話す。

「強制しているわけではありませんが、そういう流れになっていますね。反抗する選手もいません。さすがに冬はしないですけど、試合前になると、『5厘』に刈る選手もいますし、伝統という意味合いが強いんじゃないですか。佐久長聖では、陸上、野球、柔道、剣道が丸刈りにしていますが、それぞれのクラブで考えを持っていると思います」

▼丸刈りは高い志を持っていることの証?

実際に高校時代、丸刈りだった選手はどう感じていたのか。佐久長聖OBの佐藤悠基は「入学時から頭を丸めて行きました」と振り返る。

「僕らの時代も丸刈りにしないといけない、というのはなかったですけど、雰囲気というか、伝統ですよね。先輩たちが丸刈りだったので、気合を入れる意味でも、丸刈りにして行ったほうがいいのかなと思って、入学時から頭を丸めて行きました」

「1回やってしまえば、あとは慣れですよ。特に嫌だとも思いませんでしたね。部員全員が丸刈りなので、それが当たり前という感じです。クラスメートにもこの人は丸刈りの人なんだという認識を与えてしまえば、恥ずかしさはありません。嫌だなと思ったのは、最初だけです」

佐藤は静岡県出身で、大迫は東京都出身。彼らは競技力を伸ばすために、自ら長野県にある名門校に志願するかたちで入学しているだけに、丸刈りになるくらいのことは何とも思っていなかったようだ。

佐藤は「嫌なことを強制するのは良くない」と断言しつつも、その“効果”をこう話す。

「丸刈りが苦にならなくて、全員が同じように高い志で取り組むんだという心理になってくればいいんじゃないでしょうか。高校生の3年間しか経験できないわけですし、それだけスポーツにのめりこんでやるなか、頭を刈ることで気合を入れてやるのも青春です。バリカンで自らの頭を刈ると、気持ちもキリッとする。頭を丸めることで、スポーツに真摯に向き合えるというメンタルになってくれば意味はあるのかなと思います」

■“最短”は5厘刈り(約2mm)、頭皮が透けて青々とする

すべて同じように見える丸刈りだが、髪の長さで印象は少し変わってくる。“最短”は「5厘刈り」。その長さは約2mm。頭皮が透けて、青々とした頭になるが、佐藤は一度だけ5厘を経験している。高校3年生のインターハイだ。

「大きな大会の前なのでちゃんと刈っておこう、といつも通りにバリカンを当てたんですけど、『今日はやたら切れるな』と思ったら、髪の長さを調整するアタッチメントをつけるのを忘れていたんです。する気もないのに5厘になってしまって……」

冗談半分で同期に「おまえもやれよ」と勧めていたら、なんと後輩も含めてチーム全員が5厘刈りになっていたという。誰も強制したわけではなかったが、先輩たちの異様な雰囲気を察知した後輩たちが自主的に頭を5厘にカットしていたのだ。そのへんがいかにも日本の高校の部活らしい。

チームメイトたちの気合が入った応援もあり、5000mに出場した佐藤は5人のケニア人留学生たちに真っ向勝負。13分45秒23で2位に食い込む激走を見せた。14年前の好タイムは、現在もインターハイ5000mの日本人最高記録として輝いている。もし佐久長聖が長髪のチームだったら、こんな大記録は誕生していなかったかもしれない。

▼丸刈りは高校スポーツ界のひそかな“トレンド”

ちなみに高校の陸上部は、野球部と少し異なり、強豪とはいえないチームの丸刈り率は低い。しかも丸刈りのチームは礼儀もしっかりしている印象がある。修行僧といったら大げさだが、「坊主頭」には、精神を鍛える、気持ちを整える、という効果があるのかもしれない。

当たり前だが、丸刈りにしていると、髪をセットする必要もないし、どんな髪型にするのか迷うこともない。日々のトレーニングや、試合時に「髪」を気にしなくていいので、集中力という意味ではプラスに働くのではないだろうか。一心不乱に部活に打ち込む高校生アスリートにとっては、“究極の髪型”といえるかもしれない。

丸刈りでないとスポーツマンではないという時代ではないが、一周まわって、丸刈りは高校スポーツ界のひそかな“トレンド”となっている。今後、その流れはさらに強まるのかもしれない。

(スポーツライター 酒井 政人 写真=iStock.com)