ITフリーランスを取り巻く情勢は。


 働き方の多様化が求められると同時に、終身雇用の崩壊が叫ばれる中、「フリーランス」に注目が集まっている。経済産業省は「雇用関係によらない働き方」と題して研究会を行い、2017年3月には報告書を発表した。

 ただし一口に「フリーランス」といっても、形態はさまざまだ。他に本業を持つ副業・兼業タイプの人もいれば、本業でプロフェッショナルとして活動する人もいる。そのようなフリーランスを活用し、またフリーランスが社会で活躍できるためには、どうしたらよいのだろうか。

 ITエンジニア分野のフリーランス人材支援に取り組んできた、ギークス 執行役員 IT人材事業本部長の小幡千尋氏に、IT分野を例として、フリーランスが置かれている現状や課題、必要な対策など今後について語ってもらった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

フリーランスという働き方の広がりは

――そもそもフリーランスとは、どのような立場なのでしょうか。

ギークス 執行役員 IT人材事業本部長の小幡千尋(おばた・ちひろ)氏。早稲田大学卒業後、総合商社、大学生のキャリア支援を行うベンチャー企業、PRマーケティング会社を経て、2009年よりギークスに参画。企業コンサルキャリア支援事業やイベントスペース「21cafe」を立ち上げ、次世代型エンジニア採用プログラム「geechs camp」を企画・スタートさせた。2016年より現職。また、2008年4月から現在まで、中央大学商学部特別講師として、キャリア教育分野の授業を担当している。


小幡千尋氏(以下、敬称略) 一般的には、企業や組織に属さず、自分自身の経験やスキルを提供することで報酬を得ている、自立した個人事業主となります。

――フリーランスという働き方を選ぶのは、やはり自由が大きな魅力なのでしょうか。

小幡 ITの世界では、時間や組織に縛られないということ以上に、自分自身のスキルアップのために時間を使えるという意味合いが強いかと思います。

 自分自身のキャリアアップのために「こういう現場で働きたい」とか「こういった技術を磨きたい」など、明確な目的を持ってフリーランスの登録に来られる方が多いという印象です。

――日本におけるフリーランスは、どのように広まってきたのでしょうか。

小幡 日本で、フリーランスが広まったタイミングは、3つあったと思っています。

 まず1つ目は、2008年のリーマンショックのときです。その頃は、大手のIT企業などで40〜50代の方がリストラされ、やむなくフリーランスになったという方が増えた時期でした。「大手企業に入れば安泰」という神話が崩れ、自分自身でキャリアを磨かないといけないという意識が社会的に広がっていきました。

 2つ目が2012年頃です。その頃は、ノマドワーカーやクラウドソーシングといった言葉が広がり、特定の組織に属さない新しい働き方ということで魅力付けされた時期かと思います。「新しい技術に強い」「新しい技術を知りたい」という20代の若手がフリーランスに興味を持ち始めた時期です。

 3つ目は、まさに昨年(2017年)から今年(2018年)にかけて、働き方改革の中で「フリーランスを活用しよう」という声が出てきたことです。企業側も自社の社員だけではなくて、外部の人材もうまく活用しながら、戦略的に製品やサービスの開発を進めていこうという姿勢になってきました。

――海外での広がりはどうだったのでしょうか。

小幡 アメリカでは非常に多く、2000年前半の時点で労働者の3分の1がフリーランスといわれていました。2020年には50%がフリーランスになるのではないかという予測もあります。

 アジア諸国でもフリーランスが増加しています。インドネシア、インドなどでは、平均賃金の10倍以上もの報酬を得ているフリーランスがいるとも言われています。

――他の分野のフリーランスと比較して、IT分野のフリーランスの特徴は何でしょうか。

小幡 社会的にエンジニア不足が叫ばれていますので、ニーズがすごく高いことと、これからも増え続けるだろうということです。今後もマーケットは大きくなっていくという期待はあります。

 これからの社会は、スキルを評価されていく世の中になっていくと思っていますし、その流れにフリーランスという働き方はマッチしていると思います。

フリーランスにまつわる課題や解決策

――自由という魅力がある一方、フリーランスの方々が抱える悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

小幡 営業をかけたり、契約を巻いたり、さらに請求書を出したりと、全部自分でやることになるので、その辺りの“目に見えないコスト”がかかると思っています。あと、社会保険や福利厚生は、ご自身でカバーしてもらうしかないというところです。

 ただ、我々の場合はエージェントとして、前者についてはその辺りのすべての事務代行をしていますので、本業に開発にきちんと向き合うことができる環境を整えています。後者についても、稼働している人の生活の質(QOL)を上げていくお手伝いをしています。

――登録するエンジニアを見ていて、以前との違いや変化は感じられますか。

小幡 以前はプライドや意思を持ってフリーランスを選ぶ方が多かったのですが、最近では、フリーランスという働き方が一般的になってきたせいか、自由に伴う「厳しさ」を十分に理解する前に独立される方も多くなってきました。自由度や報酬など良い面だけを見てフリーランスになりたいという方が増えてきています。

 しかしその反面、フリーランスには責任が強く求められるところがあります。ですので、そこに対してきちんとコミットできるかどうかを、我々も登録面談のときに見ています。軽い気持ちでフリーランスという働き方を選択していないか、というところですね。

――受け入れる企業側の状況はどうでしょうか。

小幡 企業側のフリーランスの活用の仕方も昔から変わってきています。2008〜2009年頃は単なる労働力と思われていて、たとえば、正社員が採用できないから、次の手段として、フリーランス人材を活用して不足を補うような、積極的でない姿勢が正直なところありました。

 ですが、長年フリーランスと関わってきた企業や、スタートアップの企業は、むしろ戦略的に活用しようとしています。たとえば「こういう技術で、こういうサービスを出していきたいが、社内ではそれに対応できる人材がいない、もしくは不足しているから、この部分をフリーランスにぜひお願いしたい」とか。さらに、開発だけでなくて、自社の社員の教育やチーム作りを任せたいという依頼も増えてきました。

――企業側のスタンスも変わってきているのですね。

フリーランスの未来は明るい?

――フリーランスの活躍に向けて、社会に期待することはありますか。

小幡 政府が推進する働き方改革の中に「フリーランス」というワードが入っていますが、まずはきちんとフリーランスについてご理解いただいた上で、フリーランスを安心して選択できる世の中作りを啓蒙してもらうといいのかなと思っています。

 もっと一般的な当たり前の働き方として、企業に就職するとか、派遣として働くとか、その選択肢の中に当たり前にフリーランスというのがあるといいなと思います。その啓蒙の中で、フリーランスにはこういう責任もあるというところも、あわせて伝えていっていただけるといいですね。

――フリーランス自体、まだあまり理解されていないということなのでしょうか。

小幡 やはり、まだまだ一般レベルでの理解がされていないと思います。。新しく「フリーランスになりたい」と登録される方でも、ご両親やご家族が反対するからやっぱりできないという方もけっこういます。

 不安と思われてしまう原因は「仕事がいつか切れるのでは」いう不安と、収入の問題、そして福利厚生の3つと思っています。ですので、そこをサポートしていくというのが私たちの姿勢です。

 しかし一方で、きちんとこなせている方もけっこういます。例えば、奥さんと3人の子どもを養っているという方も登録されています。そういう方たちの事例を紹介しつつ「大丈夫ですよ、フリーランス」というのを啓蒙していくのも大事なのかなと思います。

――これからの働き方や社会に対する思いを教えてください。

小幡 自分自身のライフプランやキャリアプランに合わせて、働き方が選べる時代になったらいいなと思います。あとは、フリーランスで活躍されている方が実際にたくさんいるので、そういう方々を私たちももっとクローズアップしていって、「フリーランスってカッコいいよね」「自分も目指したいな」と思われるような社会作りができたらいいなと思います。

筆者:西原 潔