物流リスクマネジメントシステムのイメージ図(画像: ウェザーニューズの発表資料より)

写真拡大

 ウェザーニューズは27日、雪に強いサプライチェーンをめざして、豪雪の影響を最小限に抑える、製造・物流・小売事業者向けの新気象サービスの提供を始めた。今年は雪によって首都圏や北陸のサプライチェーンが打撃を受けており、製造・物流・小売事業者にとって、雪害対策が急務となっている。そのため、同社は、積雪などの気象情報や車両の走行軌跡、運行可能な経路、遅延リスクなどを集約し、一元的に管理する新たな「物流リスクマネジメントシステム」の構築に取り組むことになった。

【こちらも】業界初、オーロラの二元中継が実現!ウェザーニューズが動画配信を開始

 同システムは具体的には、同社独自の雨雪判別や路面温度予測の技術を用いて道路ごとに運行止めリスクを予測するノウハウと、積雪状況を面的に把握する独自の積雪解析技術を組み合わせることで、豪雪時でもサプライチェーンの運行を止めない気象・物流情報を提供するものである。

 豪雪時において、物資の安定供給と最適な在庫管理は、製造・物流・小売事業者にとって、不可欠である。今回の気象サービスは、同社独自の解析積雪深(積雪の深さを面的に細かく把握する技術)、降雪予測、ライブカメラ、気象レーダーなどの気象情報と、車両の走行軌跡や通行可能な経路、遅延リスク情報などを重ね合わせることで、一元管理を可能にする。

 一般的に、積雪状況は、全国の約320カ所に設置されているアメダスの積雪深計の観測データから確認できる。この観測値に加えて、今回の同社のシステムは、ウェザーリポーターからの積雪深報告や、気象レーダーで補正する独自の積雪解析技術を用いることで、1km四方で積雪深を解析し、積雪深計が設置されていない地域の積雪状況を把握することができる。