トランプ大統領(AP/アフロ)

写真拡大

 北朝鮮で金正恩朝鮮労働党委員長と会った韓国の鄭義溶大統領府国家安全保障室長は米国を訪問し、米朝首脳会談を望む金委員長の意向を伝達し、これを受け米国のトランプ大統領は、2カ月以内に金委員長と会談する用意のあることを発表した。過去に現職の米国大統領が北朝鮮指導者と会談したことはない。米朝首脳会談が実現すれば「歴史上初」となる。トランプ大統領はこれに興奮し、世界のマスコミは大々的に報じた。

 バスに乗り遅れてはならじと、日本政府は醜い姿を示している。過去に安倍晋三首相は「対話のための対話は意味がない」と繰り返してきている。1月26日付産経新聞は、次のように報じている。

<安倍晋三首相は26日午前の参院本会議での代表質問で、朝鮮半島情勢をめぐり「(韓国)平昌五輪の成功に向けて最近、南北間で対話が行われていることは評価するが、その間も北朝鮮は核・ミサイル開発を継続している」と述べた。その上で「北朝鮮が非核化の約束をほごにして、核・ミサイル開発を進めてきた経緯を踏まえれば、対話のための対話では意味がない」と強調した>

 しかし、米朝首脳会談の可能性が出るや、対応を一変した。今、北朝鮮との対話を模索しているという。3月22日付共同通信はこう報じている。

<日本政府は21日までに、安倍晋三首相と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による首脳会談について、複数のルートを通じて北朝鮮側に意欲を伝達した。国交正常化後の経済協力に言及した2002年の日朝平壌宣言を踏まえ、同宣言の履行が北朝鮮の利益になるとの立場を共有することで、日本人拉致と核・ミサイル開発問題の解決を求める狙い。複数の日朝関係筋が明らかにした>
 
 無節操の極みである。

●強まる悲観論

 米朝首脳会談の成功の見通しは、決して明るいものだけではない。トランプ大統領が米朝首脳会談を発表して以降、米国メディアが米朝首脳会談を成功させるのはいかに難しいかを指摘するにつれ、トランプ大統領自身変化した。3月10日、ペンシルベニア州で行われた支持者集会で、米朝首脳会談について「世界にとって最高の合意ができるかもしれない」と述べると同時に、「早々に立ち去るかもしれない」とも述べ、成果なく失敗する可能性もあるとの認識を示した。

 さらに中国の見方も楽観論ではない。3月22日付人民網は「朝鮮半島問題解決の知恵を歴史から汲み取る」と論評した。要点は以下のとおり。

・これは得がたい重要な一歩であり、国際社会は一致してこれを支持し、一層の前向きな進展を期待している。だが同時に、朝鮮半島情勢の歴史的推移は各国に、情勢の進展、関係の立て直しが常に極めてもろいことを警告している。

・歴史の経験は同様に、ひとたび関係国が冷静さを失い、「利己的」変化を求める盲動に固執すれば、交渉のチャンスはたやすく失われ、もともとの相互信頼不足がさらに悪化することを示している。

・今後の道程がどうであれ、各国は辛抱強さと注意深さを保つべきだ。

 新たな暗雲は米国の国家安全保障担当補佐官にジョン・ボルトン元国連大使が指名されたとのことである。トランプ米大統領は22日夕(日本時間23日午前)、自身のツイッターでトランプ政権の外交・安全保障を取り仕切るマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)を4月9日付で解任し、後任にボルトン氏をあてることを明らかにした。ボルトン氏は過去、北朝鮮との交渉を行い、最も強硬派の一人である。

 今回、韓国側を通じて北朝鮮が米国に伝えたのは、(1)非核化を考え、(2)武器実験を止め、(3)今春の米韓軍事演習の開催を受け入れるという点である。過去、北朝鮮との交渉を担当してきた元国家安全保障会議(NSC)アジア部長ビクター・チャ氏は「北は決して無償で何かを提供する国ではない。米国は何を見返りに与えるか」と発言している。彼は交渉が不成功に終わったときの反動を懸念している。

 米朝首脳会談で、「北朝鮮は核兵器開発をしない」ということが合意されれば、「世界にとって最高の合意ができるかもしれない」ということになる。しかし、北朝鮮は米国から何も取らないで、「核兵器開発をしない」ということはしないであろう。

●朝鮮半島の緊張を望む勢力

 米国が、北朝鮮から核兵器開発をしないという合意を引き出すための政策はいくつかある。

(1)米国は北朝鮮が軍事行動をとらない限り、北朝鮮の体制を転覆させたり、指導者を交代させる目的を持って、軍事行動を行わないことを表明する。

(2)朝鮮戦争を最終的に終結させ、平和条約を結び、外交関係を持つ。

 だが、こうした策を米国が検討している様子はない。果たして、トランプ大統領が期待する「核兵器開発をしない」ということに金委員長がコミットするか。金委員長が「核兵器開発をしない」ということにコミットしなければ、トランプが米朝首脳会談から「早々に立ち去る」ことも十分ありうる。

 米国国内で強い影響力を持つ軍産複合体は、朝鮮半島の緊張を望んでいる。そんななかで、トランプ大統領が北朝鮮との間で根気強く和平に努力するとは思えない。ハリス太平洋軍司令官は3月15日、議会で証言し、米朝首脳会談について「結果について過度に楽観的にはなれない。どう進むか注視しなければならない」との認識を示した。また、ハリス司令官は「完全、検証可能かつ不可逆的な非核化」が必要だと改めて強調した上で「大きく目を見開いて米朝首脳会談に臨む必要がある」と指摘した。

 考えてみれば、米朝首脳会談実現への道をつくったのは、文在寅大統領はじめとする韓国政府の努力による。朝鮮半島に武力衝突の事態が起こって困るのは、北朝鮮と韓国の人々である。これを回避したいと動いた文大統領は称賛に値する。
 
 しかし、米国には朝鮮半島の緊張を望む勢力がある。文大統領と金委員長がいかに緊張を回避できるか、手腕が問われる。
(文=孫崎享/評論家、元外務省国際情報局長)