怠け者の彼って、いつもマイペースでのらりくらりとしていて、どうしても頼りなく感じてしまいますよね。特に、仕事に対していい加減な姿を見てしまうと、どんなにイケメンでもカッコいいとは思えないかも……。あなたの彼は、そんな“怠け者”でしょうか。


出典: NOSH(ナッシュ)

そこで今回は、占い師の筆者が、“怠け者な人が持っている相”についてご紹介いたします。

 

■1:知能線が生命線に並行して急カーブを描く…働くことに興味がなく無頓着の相

知能線が生命線に並行して急カーブを描く手相の持ち主は、仕事にあまり関心がないタイプ。物質的なことよりも精神的なことを大切にする性格ですが、会社や人間関係に適応するのが苦手で、なかなかお金が貯まりにくいかも……。自分が得意とする分野の技術を磨き、仕事に活かす努力をしないままだと、いつまで経っても“グータラ”から抜け出せない恐れが。

 

■2:生命線のカーブが小さく中指よりも内側…やる気がなく何事にも投げやりな性格

生命線のカーブが中指から下ろした線よりも内側の男性は、何事にも投げやりで消極的な性格。おとなしいと言えば聞こえはいいですが、やる気がなくてなかなか動き出せない怠け者タイプだと言えます。不摂生で体調を崩すことも多いため、女性側が何かとお世話してあげないとダメかも。出世欲はないわりに、理屈っぽいところがあるため、いつも仕事に対するグチを言っているでしょう。

 

■3:知能線に勢いがなく先端が二股に別れる…現実逃避をして殻にこもりがちなタイプ

知能線に勢いがなく、かつ先端が二股に分かれている手相の持ち主は、周囲や社会に目を向けようとしないタイプ。常識やルールにとらわれず、自分の好きなように生きていく性格だと言えます。そのため、自分の殻に閉じこもって非現実的な夢ばかり見る傾向が。「誰もわかってくれない」と、家に引きこもりがちかもしれません。

 

■4:知能線の中央あたりから線が薄くなる…精神的に弱く自己保身する怠け者

知能線が手のひらの中央で終わっていて、線が薄くぼんやりしているのは、“精神的な弱さ”を表しています。決断力に欠け、粘り強さもないため、何事も途中で投げ出してしまう怠け者が多いでしょう。責任ある立場になると、そこから逃れるためにウソをついて周囲の人を煙に巻くことも……。もしこの彼を動かしたいなら、“あまり厳しいことを言わない”のがコツです。

 

“怠け者”と一言で言っても、様々なタイプの人がいます。とにかく働くのが嫌な人、興味がないことには無関心な人、指示されないと動けない人……。いずれにしても共通しているのは、“向上心がない”ということかもしれません。そんな怠け者の人には、「自分を成長させたい」という熱い思いを吹き込んであげるといいでしょう。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ