シャンプーの値段の決まり方!安いシャンプーと高いシャンプーの違いは?

写真拡大

シャンプーって値段で違うの?

毎日使っているシャンプー、お気に入りが決まっていて、必ずそれを求めるという人もいるでしょうし、普段の買い物の際についでにという人も多いかもしれません。

スーパーやドラッグストアでは、数百円からありますね。
一方、デパートのコスメ専用売り場などでは、数千円の高級品も並んでいます。

同じサイズなのに、どうしてこんなに値段が違うの…と思ったことありませんか?
もちろん、それには理由があるんです。

いまさら言うまでもありませんが、シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすためのものです。
そういった意味では、顔や体を洗うためのフォームと目的は同じですし、極端にいえば洗濯や食器洗いに使う洗剤と同様です。

では、洗浄性能が高いものほどいいかというと、そう簡単ではありません。

汚れの落としすぎはダメ

洗浄力を高めるには、強い薬剤を使うのが一番です。

身もふたもない話ですが、台所用洗剤で洗えば、髪の毛についているほとんどの汚れは落ちてしまいます。

価格の安いシャンプーの多くは、洗浄力第一の「高級アルコール系」の成分が使われています。

「高級」とつくので体にもよさそうですが、簡単に言ってしまえば工業的に作られた洗浄薬剤。
確かに汚れは落ちますし、製造コストも低く抑えられますが、でもそれではデリケートな毛髪や頭皮への刺激が強すぎます。
髪や頭皮に必要な脂分までも落としてしまうのです。

天然成分は高いけど良い

価格の高いシャンプーに多く使われているのは、こうした人工物とは一線を画した、天然由来の洗浄成分です。

高級シャンプーの成分表に「ココイルグルタミン酸TEA」などの表示を見つけた人がいるかもしれません。

これらは、ざっくりというと「アミノ酸系」と呼ばれるもので、植物などから抽出されます。
低刺激で肌に優しく、適度な洗浄性能があり、泡立ちもいい…などの理由で使用されます。

天然成分なので当然人工的に作り出すことが難しく、コストがかかります。
だから、製品価格に反映されるのです。

最終的には、自分に合うかどうか

ただ、ここで注意しなければならないことは、必ずしも「値段の高いものがいいもの」ではないということ。

ジェネリック医薬品ではありませんが、同じ成分を配合していても、ブランド力で勝負している大手に比べ格段に低い価格設定の商品もあります。

また、髪や頭皮の性質は人それぞれですから、自分に合ったものを見つけることが大事なのです。

迷ったら、美容院でプロに相談してみるのがいいと思います。

さまざまな人に使う美容室のシャンプーは当然、洗浄力より低刺激を優先しています。
一般には市販されていないものもありますが、行きつけの美容師さんなら、あなたに合った市販品を紹介してくれるでしょう。