2016年、SamsungがフラッグシップモデルGalaxy Note 7に欠陥を認め、全端末をリコールすることを発表しました。その数は世界で約250万台ほどとも言われています。しかし今回、米アリゾナ州で突然爆発を起こしたのはGALAXY S7です。

購入時に確認もしたが……

「怖かったわ。パフッって音がして煙が上がったの。この間抜けで小さな携帯からよ」と憤るのは、マリエッタ・モラヴェッツさんです。彼女の話では、Galaxy S7は充電プラグが挿入されておらず、ベッド脇のナイトスタンドに置いてある状態だったそうです。
 
幸いにも消防士がすぐに駆けつけ鎮火したそうですが、余りにも突然の出来事にカバンやポケットに入っている状態で同じことが起きたら……と、モラヴェッツさんは気が気でありません。
 

苛立ちを隠しきれないモラヴェッツさん


 
最近も、Nokiaのスマートフォン「Nokia 5233」が利用中に爆発を起こしてインド人女性が亡くなるという痛ましい事件が起きましたが、2010年に発売されたNokiaのローエンドモデルと、2016年のSamsungのハイエンドモデルとはワケが違います。「もし、安くないスマートフォンを購入して、そいつがベッド脇のテーブルで爆発したら?なんの意味があるっていうの?」
 
しかもモラヴェッツさんは、Galaxy S7を昨年購入する際、携帯が爆発したニュースのことが気がかりで、店員にわざわざ尋ねたと言います。「彼ら(店員)は『ないない、ないですよ。あれは早期モデルです。これは問題ないです』って」とは彼女の弁。
 
現在、Samsungは彼女とコンタクトを取っており、原因が何かを突き止めるべく精査中とのことです。

iPhoneでも事故は起きている

もちろん、突然スマートフォンが爆発するという事件はSamsung端末に限ったことではなく、iPhoneもしばしば同様のニュースで注目を集めています。
 
最近のスマートフォンは、ボディを薄型化するためにスペースを効率的に使うべく、パーツがギリギリの状態で詰め込まれる傾向にある、と言われています。リチウムイオン電池は圧力を受けると膨張し発火するという特性を持ちますが、直前に強い衝撃を与えたわけでなくとも、こうした無理な設計が爆発の遠因となっている可能性も専門家の間では指摘されています。
 

 
 
Source:KVOA,the INQUIRER
(kihachi)

投稿 ベッドの隣でGalaxy S7がいきなり爆発!被害者の女性は憤慨 は iPhone Mania に最初に表示されました。