3月25日放送のバラエティー番組『にけつッ!!』(日本テレビ系)で、吉本興業の新入社員が上司に「お前」と呼ばれたことを理由に退職した話が披露された。ネットではこの退職理由をめぐり議論が巻き起こっている。

番組で千原ジュニアは、『機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)』でアムロ・レイがブライト艦長に言い放った名言「オヤジにもぶたれたことないのに!」を引き合いに出し、吉本の新入社員の退職エピソードを紹介。

上司が退職を訴える新入社員に理由を訊ねると、「親にも『お前』なんて言われたことないんです!」「『お前』なんて呼ばれ方する職場、こんなところで僕は働けないです」と答え、会社を辞めたという。これには、ケンドーコバヤシも「世も末やな」と唖然。千原ジュニアは「正直、悪いけど吉本には向いてない。貴様が飛び交ってんだから」と吉本の内情を明かし、ケンドーコバヤシは「(今の新入社員は)弱くなっているというか、どの業界でも言ってますけどね。ADさんとかも辞めちゃう子も多いから」と嘆いていた。

上司や同僚に「お前」呼ばわりされたくないという退職理由に、Twitterでは、

“確かに『お前』呼ばわりする会社にろくな会社はないと思います。”(原文ママ)
“呼び捨てでも良いから 名前 名字で呼ぶべきだと思うなぁ〜。お前って言われたら退職はしないけど俺はキレるなぁ〜”

と会社側に問題があるという声が多く上がったが、一方で、

“そんなことでやめるとかメンタル脆すぎだろ・・・”
“上司にお前って言われて嫌だったらその上司よりも偉くなってやるって向上心見せりゃいいだけ。”

と新入社員側のメンタルの弱さについての意見も少なくない。またこの問題については、

“他人の退職理由に対して、テレビ番組で笑いの種にする方が世も末だと思うけど。”
“確かに「お前」呼ばわりされるだけで辞めるのは理解に苦しむが、日常的に「貴様」が飛び交う会社はもっと理解に苦しむわ。”

など、様々な声が寄せられている。

今どきの新入社員の精神が弱いのか、吉本興業の社風に問題があるのか。意見は割れるが、退職理由は十人十色。他人がとやかく言うことではないが……。
(山中一生)

■関連リンク
「にけつッ!!」
http://www.ytv.co.jp/niketsu/