アップルのティム・クックCEOは、教育市場に戦略的に取り組む武器として、iPadの刷新をアナウンスした(筆者撮影)

アップルは米国時間3月27日午前10時より、イリノイ州シカゴにあるレーンテックカレッジ高校でスペシャルイベントを開催した。イベントには世界中のプレスに加えて、全米から300人の教員が招かれ、また実際に学校で授業を行う数多くの先生が登壇し、iPadがある教室内でなにが起きているのか、その最新事情を知ることができるイベントとなった。

その中で最も注目されたのが、低価格版のiPadだ。アップルは329ドルの9.7インチiPadを価格を据え置いて刷新した。

教育市場が危機的な状況に

イベントの冒頭でティム・クックCEO(最高経営責任者)は、40周年を迎えたアップルの教育市場への取り組みは、同社にとって非常に重要なマーケットであり、日々、教師や学生から刺激を受けていると語った。

しかし教育マーケットでのアップルの地位が危機的な状況にあることが、今回の教育にフォーカスしたイベントを開催した背景にある。

アップルは2010年に9.7インチのiPadを499ドルで発売し、タブレット市場を牽引してきた。その中で教育市場は、重要な位置を占め、同市場から多くを学んだとティム・クックは壇上でも語った。

しかし近年のスマートフォンの大型化や、2-in-1スタイルのPCの登場で、タブレット市場自体が縮小し、アップルも長らく販売台数が前年同期比を割り込む苦しい期間が続いてきた。

特に教育市場の巨大勢力となったのがグーグルだ。G SuiteやGoogle Classroomなど、学校向けのクラウド環境を無料で提供し、iPadよりも大幅に安価なChromebookを売り込むことで、すでに米国市場の5割を占める勢力へと拡大しているという。

アップルがグーグルに教育市場で対抗するためには、デバイスの価格を下げること、学習環境を整えるアプリやサービスを整備すること、そして新たな価値を与えることに取り組まなければならなかった。

教育市場奪還のために、まずアップルは同マーケットのための戦略製品であるiPadの復活に取り組んできた。

まずは、タブレットの価値の見直しだ。2015年11月に発売したiPad Proシリーズ向けに用意したSmart KeyboardとApple Pencilは、クリエイティブ分野の新しい価値をもたらし、また文房具としてのタブレットの可能性を切り開いた。加えて、PCの代替となり得る生産性を備えることに成功した。

2017年3月に発売したiPad(第5世代)は、329ドルと価格を抑えて、教育市場や企業導入のニーズに応え、再び販売台数を成長基調に戻してきたのだ。そして価格を抑えてヒットしたiPad(第5世代)の後継モデルとして登場させたのが、今回の新製品となるiPad(第6世代)。

違いを見いだすなら、ゴールドの色味、iPhone 7に搭載されていたA10 Fusionプロセッサーにアップグレードしたこと、そしてApple Pencilへの対応の3点で、そのほかのデザインに関して、大きな変更はない。

「iPadのパワーが教室に必要だ」

新型のiPad(第6世代)の特徴は、処理能力の向上だ。

A10 Fusionプロセッサーを搭載するiPad(第6世代)のパフォーマンスは、ベンチマークアプリGeekbench 4で、マルチコア4777、グラフィックス処理性能を測るMetalは13200。とくにグラフィックス性能は第5世代iPadと比べて30%向上している。


iPad(第6世代)は、第5世代iPad、あるいはiPad Airと同じボディデザイン、9.7インチのディスプレイサイズを保ちながら、Apple Pencilに対応する最も安いiPadとして登場した(筆者撮影)

基調講演では、iPad(第6世代)は、「大半のPCと、すべてのChromebookよりも高速」であるとアピールした。では、なぜアップルは教育向けのタブレットに対して、より高速なプロセッサーが必要だと考えているのか。

その理由は、教室に持ち込むコンピュータを、単なる安いタイプライターの代わりにしたくない、という思いがあるからだという。

教室内にテクノロジーを導入する際、非力なコンピュータではレポートやスライドをまとめるツールとして使われることがほとんどになってしまう。音楽やビデオ編集はおろか、拡張現実や高度なグラフィックスによって学習の理解を深めるアプリが登場しているにもかかわらず、ブラウザ主体のChromebookでは、コンピュータならではの豊かな体験を教室に導入できない、というのだ。


ChromebookではなくiPadを使う強い動機付けとして、プログラミング教育のカリキュラムEveryone Can Codeに続き、音楽・ビデオ編集・写真・スケッチといったクリエイティブ教育のカリキュラムEveryone Can Createを発表した(筆者撮影)

アップルは今回、製品のハンズオンを用意せず、高校の教室を使って、音楽、ビデオ制作、スケッチといったクリエイティブのテーマと、プログラミングによるドローンの操縦や、ARに対応する教科書アプリのデモなど、iPadを導入したからこそ実現できる新しい教室での体験を披露し、ほかのデバイス、とくにChromebookでは、同じ金額を出しても実現できない強力な差別化要因をアピールした。

ほぼ半額でApple Pencilが体験できる

iPad(第6世代)のもう1つの特徴は、Apple Pencilへの対応だ。これまでApple Pencilは、iPad Proのみがサポートするペンデバイスだった。iPad Pro 10.5インチの最も安いモデルが6万9800円(米国で649ドル)で、さらに1万0800円のApple Pencilを買い足さなければならなかった。
今回、iPad(第6世代)がApple Pencilに対応し、iPadでのペンシル体験は32GBモデルで3万7800円(米国で329ドル)のモデルを選べば実現できるようになった。ほぼ半額である。

加えて、アップルは教育市場向けに、Apple Pencilを9800円に割り引くほか、ロジクールのiPad(第6世代)専用の「クレヨン」スタイラスを、学校向けに1本49.99ドルから販売する。クレヨンはApple Pencilのように筆圧感知に対応しないが、傾きは検知でき、Bluetoothによるペアリング不要ですぐに利用できる。


Pages / Numbers / Keynoteを刷新し、手描きの図形や書き込みを自由に行うことができるようになった(筆者撮影)

教育市場向けのiPadをペン対応させると同時に、アップルが開発するドキュメント作成のPages、表計算のNumbers、プレゼンテーション作成のKeynoteもペンによる描画や書き込みに対応し、より直感的にレポートを仕上げたり、アイデアをすぐにスライドにすることができるようになった。

共有のiPadであっても自分のデータをまるごとバックアップできるよう、教育用アップル IDには200GBの無料ストレージを提供する。教室内において、紙のノートと鉛筆を完全にiPadに置き換えることができるようになったのだ。

iPadの販売が3年にわたって低迷していた原因は2つある。

1つは、iPadは壊れにくく、またPCのようにパフォーマンスが悪化しない、消費者からすれば非常によくできた製品過ぎたからだ。筆者の手元にも2012年3月に発売されたiPad(第3世代)があるが、6年前のiPadであっても、壊れずキビキビと、動き続けている。つまりユーザーはiPadを買い替える理由が、長らく見つからなかったのだ。

2つ目は、より高いパフォーマンスを要求するアプリがなかなか見いだせなかったことだ。前述の6年前のモデルであるiPad(第3世代)はウェブ、ビデオ視聴、メールやメッセージ、iMovieでの簡単なビデオ編集のために使っており、それ以上のことをやろうと思わなければ、購入した当初と同じように利用できる。

高度化のスピードが早く、またキャリアとの販売施策から2年という買い替えサイクルが長らく確立されてきたスマートフォンに比べ、タブレットは用途の広がりが遅く、性能も衰えなかったことから、iPadの買い替え需要が伸びなかった。またiPad Proは、性能やキーボードなどのアクセサリーが充実したが、価格の高さが目立っていた。

2018年、iPadは大ヒットする

第6世代となるiPadは、Apple Pencilをサポートしたことから、既存のiPadユーザーにとって、大きな買い替え動機につながる。


有料メルマガ「松村太郎のシリコンバレー深層リポート」でもアップルの深層をリポートしていきます。詳細はこちら

アップルによると、iPad Proが対応する高速に反応するディスプレー、ProMotionには対応しないが、iPad(第6世代)のApple Pencil対応により、ハイレベルのアマチュアが求める以上のペン体験を提供できるとしている。

加えて、A10 Fusionを搭載し、アップルが次のアプリの革新をもたらすと指摘する拡張現実に、大画面で対応できる最も価格の安いデバイスとなった。

スマートフォンはポケットからすぐに取りだしてAR体験が楽しめるが、9.7インチの画面サイズでのAR体験は、より没入感が増し、またグラフィックスの細かいディテールまで確認することができる。スマホとは異なるARの価値が、iPadにはあるのだ。

iPadに初めて「買い替え動機」とその身近さを与えたiPad(第6世代)は、控えめに言っても大ヒットする。今回教育イベントであることを強く打ち出していたが、実際にiPad市場を牽引するのは、世界中のiPhoneユーザーすべてになるだろう。