【心理テスト】お城の天井はどんな柄? 答えでわかる新年度左右されやすいこと

写真拡大

 新年度がスタートします。新しい人間関係、職場、土地など、慣れない環境に戸惑い、自分を見失ってしまうこともあるでしょう。あなたが新年度に左右されやすいものは何でしょうか? 心理テストで探ってみましょう。

【質問】
 初めて入る広いお城の中にいます。お城の天井の柄はどんな柄でしたか?

A:チェッカーフラッグ模様
B:斜めのストライプ模様
C:唐草模様
D:ユリの模様

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「新年度に左右されやすいもの」
 初めて入るお城は新年度の象徴、そして天井は手が届きそうで届かないため、抑止できずに左右されるものの象徴です。天井の柄で、新年度あなたが左右されやすいことを診断します。

■A……流れに左右される
 白と黒が交互に配置されているチェッカーフラッグ模様。この世の浮き沈みをあらわしています。しかし、一歩進んでは落ち込み、また進んでは喜ぶという行いは、流れに翻弄され過ぎています。人生は山あれば谷あり。それを前提に揺るがぬ信念を持って進みましょう。

■B……大多数の意見に左右される
 ネクタイによく使われるストライプ模様は、帰属意識の象徴です。属しているという意識ゆえに、組織内にいると自分の意見がいえず、周囲の意見に左右されたり、自分が正しいと思っていても大勢の間違いを正すことができません。協調性は大切ですが、あなたも組織を作っている1人です。自分の意見も大事にしましょう。

■C……逃避のタイミングを左右される
 唐草模様のツルはぶどうをあらわしており、ぶどうのツルがどこまでも伸びることから逃避を象徴しています。新年度は、職場の空気や流れに飲まれ、上手にリフレッシュできず、ストレスを抱え込んでしまいそうです。現場から離れ、頭を切り替えることも仕事のうち。休憩する時間も計画の中に組み込んでしまいましょう。

■D:ユリ……上司の言葉に左右される
 王家の紋章にもなっているユリは、権威をあらわします。新年度は、目上の人の言葉に左右されやすくなります。たとえば、上司や先輩に圧倒され緊張して意見がいえなかったり。何気ない一言に一喜一憂していたのでは自分が成長できませんので、自信を持って渡り合いましょう。

 自分が左右されやすいところは自分の弱い部分でもあります。弱いところを認めつつ、周囲に流され過ぎないように、自信を持ってブレない自分を作っていきましょう。
(大柴あまね)※画像出典/shutterstock