北京の駅に停車中の特別列車。「DF11z-0002A」の文字がみえる(写真:ロイター)

北朝鮮の最高指導者である金正恩・朝鮮労働党委員長を乗せて3月26日に中国・北京に到着した特別列車は、2010年に故・金正日総書記が訪中の際に使った列車とは違うものであることが確認された。

今回の列車は、金正恩政権になってから新たに製造された車両である可能性が高い。

父・金正日が利用した列車と同じではない

今回、北朝鮮の最高指導者が特別列車を利用して北京を訪問。中朝間の「列車外交」が再開された。


当記事は「ソウル新聞」掲載記事の日本語訳です(一部、理解を助けるための加筆をしています)

3月26日に北京駅に到着した北朝鮮の列車は、かつて金正日総書記が利用した「1号列車」と外形はほぼ似ている。列車の前方に赤い番号プレートが付けられ、グリーンを基調とした客車の横にイエローのラインが入っている。このため、金正日総書記が2000と2001、2011年に中国とロシアを訪問したときに利用された列車ではないかと推測されていた。

しかし、今回の列車の正面に取り付けられた固有番号は、金総書記の列車番号だった「DF11z-0001A」ではなく「DF11z-0002A」だ。特に列車前方の側面に列車の速度を意味する文字が漢字で示されていることから、中国から金党委員長に提供された列車の可能性もある。

金総書記の列車には、漢字ではなくハングルが記されていた。現在、その車両は金総書記の遺体が眠る平壌の錦繍山宮殿内に展示されている。


(写真:ロイター)

北朝鮮が効率性や外交上の慣例とは異なる列車を移動手段としていることは、列車というものが中国との関係における北朝鮮の優越性を示すものでもあるためだ。

韓国・国立外交院のシン・ボムチョル教授は「列車は中国の国共内戦当時、北朝鮮が中国を支援したというシンボル。本来であれば中国の鉄道路線に乗り入れるためには複雑な手続きが必要だが、北朝鮮に対してのみ列車での訪中を許容するという特別な待遇をしている」と指摘する。

故・金日成主席時代には、列車に乗車した後に中国政府へ訪中する旨を通報したこともあり、中朝関係において北朝鮮が特別な存在であることをアピールしてきた。

抗日パルチザン活動を行っていた地域を訪問か

もちろん、安全性からの理由もある。韓国・東国大学北朝鮮学科のコ・ユファン教授は「これまで北朝鮮の指導者が飛行機を避けてきたこともあり、また地理的に列車を利用してもおかしくはないという理由もある。南北、米朝首脳会談を前に、伝統的な友邦である中国を無視できないという意味だ」と説明する。

韓国政府関係者は「北朝鮮で特異な兆候があり、先週末から注視していた。3月24日から中国・丹東駅周辺の警備が強化されるなどの動きを把握し追跡していた」と言う。政府当局は中朝国境地域の人的情報網から、北朝鮮の最高レベルの人士が訪中するという信頼できる情報を入手し、丹東と北朝鮮内の動きを観察してきたという。

前出の関係者はさらに「北京を出発した後、次の訪問先がどこになるか注視している」と述べた。中国の東北3省(遼寧、吉林、黒竜江省)の、特に金日成主席がかつて抗日パルチザン活動を行っていたという縁の深い地域を訪問する可能性もある。