KY/PIXTA

写真拡大

 患者数が累計1千万人を突破するほど流行した今冬のインフルエンザ。ようやく峠を越えたかと思えば、間髪入れずに大量の花粉が春風に踊る。

 そこへ偏西風に乗った黄砂やPM2.5がやって来れば、もはや今出たくしゃみが何のせいなのかも分からなくなってくる。

 そうなるとやはり手放せなくなるのが、マスクだ。

 日本衛生材料工業連合会によると、一昨年度の家庭用・医療用・産業用を合わせたマスク生産数量(国内生産・輸入数量)は、49憶枚超。そのうち、家庭用マスクの割合は約38億枚と、全体の約78%にもなる。が、日本人がマスクをする理由は、こうした本来の「ウィルス・花粉・粉塵症対策」によるものだけではない。マスクを「顔を隠すためのアイテム」として使用する、いわゆる「伊達マスク」にこそ、その真意がある。

 インターワイヤード株式会社が運営するDIMSDRIVEが2015年に行ったモニターアンケート調査によると、伊達マスクを使用する割合は、全体の20%超。20代女性においては44.9%にもなる。「スッピンを隠すため」、「表情を作るのが面倒くさい」、「何となく落ち着くから」というのが彼らの言い分だ。

 顔半分覆ったくらいで「スッピンを隠した」と言える彼女らに、「そんな時代なんざすぐ終わるぞ」と、眉間や目尻のシワ寄せ合わせて諭してやりたいところだが、「w」の1字で笑ったことにできる現代のネット社会の中で、その若い表情筋を持て余せば、シワ寄るどころか口角すら上がらない。

 こうして顏面での感情表現が素直にできなくなると、当然、対面での人間関係の構築も困難になり、結果、深刻な対人恐怖症やマスク依存症に陥ることもある。

 そんな中、これも時世なのか、最近では「マスク姿のほうが異性に魅力を感じる」とする声もあるという。

 マッチアラーム株式会社が2014年に実施したアンケート結果によると、実に45%もの男性が「異性のマスク姿は魅力をアップさせるか」の問いに、「はい」と回答。理由には、「顔全てが見えないことでどんな顔か想像してしまう」、「目が強調されるから」という意見が並ぶ。

 一方の女性も、25%がマスク姿の異性に魅力があると回答。男性と大差ない理由に加え、「マスクをしてまで仕事を頑張っているように見える」という声が上がるのには、多角的に複雑な気持ちになるも、マスク姿限定で行われる合コンやお見合いパーティが、毎度大好評であることに鑑みると、日本人の「マスク愛」の深さを痛感すると同時に、「どうりでマスクが38億枚も生産されるわけだ」と妙に納得できてしまう。

 こうして「恋人・結婚相手探し」にまで活躍の場を広げる日本のマスクは、いわずもがな「白」が一般的だが、2015年に北海道大学で行われた研究によると、「元々持ち合わせている顔の魅力度」に関係なく、白マスクよりもよりも「ピンク色」のマスクをしている女性の方が、最大で105%魅力的に感じるという結果が出たという。

 つまるところ、単純に考えると「マスク無しよりも白マスク」、「白マスクよりもピンク色のマスク」のほうが女性の魅力は増すと考える男性がいる、というわけだ。

 以前、日本人とアメリカ人の「ピンク色に対する感覚の違い」について言及したことがあったが(参照:『なぜアメリカ人は真っ青なケーキを平気で食べるのか? その理由がほぼ判明』)、こうした結果を見るたびに、筆者はつくづく「実は日本では、女性よりも男性の方が“ピンク好き”なんだろうな」と思うに至るのだ。

◆急速に浸透しはじめた黒マスク

 こうした「色付きマスク」に言及すると、無視できないのが昨今広がる「黒マスク」の存在だ。

 滞在していたニューヨークでは、ここ数年の間、急激に黒いマスク姿が目立ち始めた。そのほとんどは韓国・中国系アジア人だったのだが、日本に帰国してみると、想像以上にこの黒マスクが日本人の間にも浸透し始めていることに驚かされる。