ニット素材のスニーカーは、ファッションコンシャスでコーディネートしやすいと、ここ数シーズンに多くのブランドから登場しています。やわらかくて履き心地のいいニット素材で、ランニングもできればなと思っていた人も多いのでは? そんな期待に応えてくれたのが、ミズノから2018年3月20日に発売されたランニングシューズ「WAVENIT R1」です。

フィット性とホールド性、さらに軽さにもこだわった本格派

ミズノ WAVEKNIT R1 / 14,900円(税別)

ニット素材は、デザイン性の良さに加え、軽量で通気性が高く、やわらかく気持ちのよい履き心地が人気の素材です。デイリーに楽しむスニーカーなら問題なしですが、ランニングシューズとなると、フィット性を良くするとやわらかくなり過ぎホールド性が足りなかったり、ホールド性にこだわると、硬い素材でフィット性が損なわれたりと、開発には課題が多かったそう。そんな課題をクリアして誕生したのが「WAVEKNIT R1」。アッパー部の側面にミズノ独自の波形パターンの厚さの異なる編み模様を施すことで、靴下をはいているようなフィット性と、程よいホールド性が実現しました。凹凸の形状を波形にすることで走行時の横ぶれしやすい方向(親指⇔小指方向)に対して、程よくホールドしてくれます。ミズノ初のニットアッパーのランニングシューズの誕生です。

軽さにもこだわったソールで初心者から中級者まで

ソールには、ミズノのランニングシューズの基幹モデル「WAVE RIDER 21」と同じ構造を採用し、“しっかりと走れる”ニットアッパーシューズを実現しました。スポーツをする足は体重の何倍もの衝撃を受け続けるので、シューズにはクッション性が不可欠です。ただ、クッション性だけを追求すると、跳ねる・踏ん張る・回転するなどの動作に必要な安全性を失ってしまいます。そこで、横の動きに対する強さと縦の動きに対する柔軟性を兼ね備えて開発されたのが「ミズノウエーブ」です。今回は、1キロを5〜7分で走る初心者から中級者に合わせたソールを使用し、とても軽いシューズになっています。そんなすごいランニングシューズなら試してみたいと、MYLOHAS編集部員が試走会に参加してきました。「ニット素材でありながらホールド感があるからか、まるで足と一体化しているようでとても走りやすかった」とのこと。ランニングが苦手な人も、これがあれば始められるかも。

走る喜びや楽しさを知ってもらいたいと開発された「WAVEKNIT R1」。東京オリンピックに向けて、ちょっとスポーツを意識した初心者から中級のランナーまでカバーできるスペック。通勤用にも使えるブラック×ホワイトなので、もしランニングが続かなかった時もデイリーに履けますよ。

ミズノ WAVEKNIT R1