あなたの家計はまだ“預金だけ”?意外と「もったいない&アブない」日本人の貯金事情

写真拡大

「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり?何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

預金はなぜ「もったいない」のか?

「どうして預金を選ぶのですか?」

そう聞かれたらどう答えますか?「減らないから」「元本が保証されているから」と答える方が多いのではないかと思います。多くの日本人は元本が保証されることを何よりも重んじます。

平気で宝くじを何百枚も買っている人や、競馬やパチンコで数万円をスっている人でも、いざ預けた100万円が99万円になれば、「損をした〜!」と落胆・激怒する――それが日本人の元本至上主義です。

でも、この考え方には、暗黙の価値基準が持ち込まれていないでしょうか?
これを実感していただくために、次の例を考えてみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)