3月生まれの末っ子娘が、3歳になりました。ヤンバルジャングルの家のソファーで生まれてから、3年も経ってしまったのですね。いやはや早い。ごはんを食べるのも、着替えも、おしゃべりもかけっこも、兄妹との遊び方もほんとうに上手になりました。

幼い子と終日いっしょにいると、心身ともにくたくたへろへろになって、ときに「あー、もう無理!」と白旗あげたりするのですが、それも期間限定なのですね。3歳の時期は今だけ。なんともまぁ、刹那です。こうして原稿を書いている今も、わたしの膝の上には末娘がちょこんと座って、まったく関係のないキーを押したりして横やり入れてます。

そんな彼女の誕生日は、彼女の大好きな牧場で過ごしました。

年度末の慰安会兼ねての手打ちラーメン作りです。玉子入りの縮れ麺に、醤油味のスープは鶏ガラ、あご(トビウオ)、鰹節、セロリ、玉ねぎなどでとりました。具は葱と海苔でシンプルに。この「牧場ラーメン」は2回目です。

ふつか寝かせた麺は、コシがあって美味しかった!縮れ具合もちょうどよく、でもこねが足りなかったポーションがあるのか、ボロボロと切れ切れになってしまったものも。うーむ麺作り、奥深いです。

前日から薪を集め、ブロックでかまどを作り、火の管理も交代でラーメン作り。2回目だけあって、子どもたちの段取りもお手の物。バースデーケーキも、ブロックのフォーメンションを変えてかまどで。南部鉄器で作る人参ケーキです。旬の人参がたくさん入り、ナッツもドライフルーツもどっさりのリッチな食感。熾火でじっくり焼き上げて、いい具合に仕上がりました。

そんな誕生日という節目に、直線的ではなく、螺旋状の月日の流れを想像します。くるくると円を描きながら、ときにリンクはするけれど、決して重ならない時間。

そしてこの連載も、今回で最終回となりました。これまで読んでくださっていたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

なんというか、胸がいっぱいで何を書いたらいいのやら、と途方に暮れます。それくらい、長いスパンでMYLOHASにはたくさんたくさんお世話になりました。編集の方々とのやりとりは、自分のニュートラルを確かめるきっかけにもなっていました。ずいぶんと、マイペースなブロガーだったゆえ、ご迷惑も掛けてしまったなぁと省みて。

春は終わりの季節でもあり、はじまりの季節。いつかまた、どこかでお目にかかれますよう。みなさまにご多幸を!

かしこかしこ

>>根本きこの島ごはんをもっと読みたい