今月のテーマ「大団円」

【MAN】
驚天動地のトリックが発動する
本格SFにして本格ミステリー

 西暦2063年、カナタやアリエスら高校生たち9名は、惑星キャンプに出かけた。しかし、謎の球体に吞み込まれ、全員が宇宙空間へワープ。偶然見つけた無人船アストラ号に乗り込み、故郷の星を目指すサバイバルの旅を始める──。

 食糧や燃料補給のために立ち寄る星の数々は、独自の生態系や法則が存在する。『銀河鉄道999』方式で、星々での冒険を描くタイプの物語と思いきや、本格SFである本作は、本格ミステリーでもある。

 第4巻のラストで図地反転の大仕掛けが発動。続く最終巻の第5巻では、それまで描かれていた物語はすべて伏線だったことが明かされる。だが、すべての謎が解かれるだけで、大団円と言えるのか? 違う、ぜんぜん足りない、と『週刊少年ジャンプ』出身のマンガ家は自らの筆で示す。

 謎が解かれ霧が晴れた少年少女たちの未来を全員分、作者はとことん描き尽くしたのだ。これぞ王道、これぞエンターテインメント!

『彼方のアストラ』(全5巻) 篠原健太

5千光年先の遠宇宙で遭難した少年少女9名が、アストラ号に乗って故郷の惑星を目指す。サバイバルのためには、水と食糧が採取できる惑星を経由する必要がある。計算上はその数、5つ! ストーリーはもちろん、どシリアスな展開でも入れ込んでくるギャグの切れ味も最高。
集英社 438〜490円

【WOMAN】
思春期の少年少女たちは
誰かの欲望に欲望する

 最後にすべてが丸く収まる結末、を意味する「大団円」。新鋭女性マンガ家がオールカラーで発表したデビュー作『どうにかなりそう』は、その言葉がぴったりよく似合う。

 セーラー服と学ランが制服の東灘高校を舞台に、カップルのドラマが並行して進む。自分のスカートの中を見てほしいと男の子に頼む、女の子。野球部のエースと、彼に片思いする美術部員の女の子。国語教師と彼に憧れる女の子、彼女に恋する親友の女の子。地味なクラスメイトの女の子と、彼女をモデルに指名して絵を描く男の子。野球部のエースと付き合う、マネージャーの女の子……。ページをめくるたびに、青い性の匂いが放たれる。

 最終話の舞台となった文化祭で、全員が集結する。誰かの欲望が他の誰かの欲望をかすかに刺激し、ドミノ倒しの先に現れる最後の1ページが……もう!! 相当ぶん投げているのに、これしかない、これ以上ない着地感。一生忘れられなくなります。

『どうにかなりそう』(全1巻) 岡藤真依

 「序章」ではキャラクターたちをサイレントでお披露目。本篇は「放課後」「届かぬ思い」「フレンズ」「文学少女」「エース」「キス」「罪と罰」「DIVE」「モチーフ」「文化祭」の全10話構成。著者はイラストレーターとしても活躍中で、本作が初の本格マンガ連載。
イースト・プレス 1,199円

文=吉田大助