薬の調剤ミスで患者死亡、単位誤認か 注射薬は通常の1000倍の濃度

ざっくり言うと

  • 京都大学病院が60代女性患者に、通常の1000倍の濃度の注射薬を投与した
  • 患者は自宅で注射薬を投与したところ容体が急変し、その後死去した
  • 病院の薬剤師が「グラム」と「ミリグラム」を取り違えた可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング