「Gettyimages」より

写真拡大

「香港経済界のスーパーマン(超人)」と呼ばれる大富豪で、世界の中国系実業家のなかでも最高額の資産を有する李嘉誠(リ・カシン)長江実業会長が今年90歳になることを機に引退を表明した。ほとんどメディアのインタビューに応じないことで知られている李氏は、5年前に広東省の人気週刊紙「南方週末」の単独会見に応じている。そのなかで李氏は、普段めったに触れない毎日のプライベートな習慣などを語っているほか、1996年に長男で後継者の李澤鋸(ビクター・リー)氏が誘拐された際の、犯人である香港マフィアのボスとのやりとりを明かしている。今回は、改めてその興味深い内容を紹介したい。

 李氏は1928年生まれの89歳。故郷は広東省潮州市だが、日中戦争により日本軍が潮州市に侵攻してきたため、李氏一家は40年に香港に逃れる。ところが、その翌年には香港も日本軍の統治下に置かれるなか、42年には父親が肺結核で死亡。14歳の李氏は母親や幼い弟と妹を養うため、学業を断念してセールスの職に就き生活費を稼ぐことになった。

 ところが、李氏自身も肺結核を患っていることがわかり、死の恐怖にさらされる。「このときが私の人生で最大の危機だった」と李氏は振り返る。李氏はどのようにして肺結核を克服したのか。毎朝、香港のビクトリアピークに上ってきれいな空気を吸ったほか、知り合いの調理師に頼んで、彼の母親への手紙を代筆する代わりに、魚の煮込み汁を分けてもらい、毎日食べたという。「私が最も嫌いな食べ物だったが、本当に栄養価が高かったようで、奇跡的に肺結核が治った」と李氏は述懐する。

 その後、李氏はセールスで働いてためたわずかな資金をもとに、49年にプラスティック工場を創業し造花を生産すると、「香港フラワー」として大評判となり、世界中で売れてひと財産を形成し、大実業家としての基礎を築いた。さらに不動産開発などさまざまな業種にわたり幅広くビジネスを展開してきたが、この60数年間、年次決算で一度も赤字を出したことはない。

 これについて、李氏は「わたしは他の企業にも関心を向け、それらの年報を読み込むなど数字はほとんど記憶してきた。また、現時点の儲けばかりでなく、さまざまなニュースやデータを分析して、1年後、2年後など近い将来の経済情勢を思い浮かべるようにしてきた。だから、2008年のリーマンショックなどの経済危機が予測できたのだ」と述懐する。

●長男誘拐事件

 この鋭い分析力の基本が毎日の習慣だ。李氏は毎朝5時59分に起床し、6時のテレビニュースを見る。朝食後に1時間半ゴルフをする。これで身も心もすっきりして、香港中心部にあるオフィスに入る。

 オフィスのデスクには毎朝、ウォール・ストリート・ジャーナルやフィナンシャル・タイムズ、エコノミストなど英語の経済紙誌が置かれており、李氏は関心のある記事をチェックすると、会社のスタッフがすぐに中国語に翻訳し、李氏の元に届けられる。李氏は「私は執務中、これらの情報を基に全体の90%の時間を使って、将来のことを考えている」と明かしている。

 ビジネスばかりでなく、教養をつけるため、毎日寝る前に一定の時間、専門以外の国際情勢や外交、政治、社会問題などの専門書を読むことにしているほか、夕食後は毎日20分間程度、英語のニュース番組をみているという。

 李氏の人生でもっとも大きな事件のひとつが、長男のビクター・リー氏の誘拐だ。リー氏は1996年のある朝、自動車で通勤途中にマフィアのボス、張子強らの一団に誘拐される。張は電話で李氏に「20億香港ドル(約300億円)」の身代金を要求する。李氏は張に「私の手元には現金で10億香港ドルちょっとがある。これは、すぐに渡すことができる。だが、絶対に20億香港ドルが必要というのならば、銀行に連絡しなければならないので、時間がかかる。君はどちらを選ぶかね」と尋ねたという。

 犯人の張は「李さん。あなたは、なぜそのように冷静なのか」と質問すると、李氏は「私ほどの有名人が、長男のビクターの身辺警護についてもっと真剣に考えなかったことが、私の誤りだった。私の過失だから、いくらでも金は出さなければならない」と答えた。

 李氏はゴルフに行くとみせかけて、午前5時に自身で現金の受け渡し場所に出かけ、張に現金を渡したが、その際、「あなたはこの金を子分らに分けて、好きなように使うだろうが、それは君のためにならない。しっかりと将来のために使うように考えるべきだ」と説教。一笑に付していた張だが、その後も李氏に電話をかけて、「どのように使えば良いのか」と質問。李氏は「保険への投資がよいのでは」と答えたという。

 結局、張はバンコクに高飛びしたあと、香港に舞い戻り、国境を越えて広東省に足を踏み入れた際、中国当局に逮捕され、中国の刑法によって死刑に処せられた。この間、張が李氏のアドバイスに従って保険に投資したかどうかは定かではない。

 李氏は5月10日に行われる株主総会で正式に引退し、その後任として長男のビクター・リー氏が会長に就任する人事が承認される予定だ。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)