お店もフォトジェニック!
インスタ映え間違いなし!ジャンクを極めた【ファストフード】3選

インスタグラムで日常を発信するのがマストになった今日この頃。“ご飯の写真は撮らない派”の人も思わずスマホに手が伸びる、ジャンクで美味しいお店をご紹介!

1.チーズたっぷりの大きなひと切れもペロリといけちゃう〈TONY’s PIZZA〉

店主・藤原亀吉さんが店先で作り続けるピザは、刻み方を調節したナチュラルチーズ3種類が決め手。

「フレッシュとまと」950円と「スペシャルミックス」950円のハーフ&ハーフとクリームソーダ500円でとことんジャンクに。

代々木から吉祥寺に移転したのが1982年。レトロな外観が可愛い。

(Hanako1151号P28掲載/photo:Kanako Nakamura text:Kahoko Nishimura)

2.ボリュームも味もLA級!〈UMAMIバーガー〉

昨年3月、ロサンゼルスから上陸した〈ウマミバーガー〉。濃厚なミルクシェイクにカラフルなトッピングを加えたスイーツ。各1,480円。パクチーたっぷりのサラダなどヘルシーメニューもあり。メニューはすべてテイクアウト可能。自宅や近くの公園で店と同じ味を楽しむことができる。

木を基調とした店内にはカウンター席、テーブル席、ソファ席がある。

外観は欧米を想わせる木造がおしゃれ。

■東京都港区北青山3-15-5Pottofino内 
■03-6452-6951
■11:00〜22:00 
■70席/禁煙 
■umamiburger.jp

(Hanako1143号掲載/text : Mariko Uramoto)

3.NYの人気ベンダーフードが楽しめる〈NEW NEW YORK CLUB〉

ニューヨーク好きのオーナー振角勇輔さんが、その最新カルチャーを発信したいと開いたカフェ。甘めのクリームチーズを挟んだ「レインボーカラーベーグル」600円。奥は「ハイビスカスレモネード」450円。

白が基調の店内。

お店外観。ブルー&ホワイトの外観が目印。店内に飾られた、現地買い付けのグッズは購入可。

(Hanako1143号P41掲載/photo:Kayoko Aoki, Shin-ichi Yokoyama, Michi Murakami text: Yukari Akiyama, Ai Sakamoto, Yumiko Ikeda)