記事画像

写真拡大

以前、「ポイントが自動的に貯まっていく方法」として、ポイントに利息が付いたり、ポイントで投資ができたりするサービスを紹介しました。

詳しくはこちら:【第74回】ポイントが自動的に貯まっていく方法
https://bg-mania.jp/2017/03/13196240.html

ちょうど1年前くらいの記事ですが、最近ではさらにポイントで投資できるサービスも増えていますので紹介したいと思います。

楽天スーパーポイントで投資信託が買える!

「楽天スーパーポイント」。皆さんも使っている方が多いと思います。この楽天スーパーポイントで投資信託を買うことができるようになっているんです。

楽天証券口座を開設しなければなりませんが、楽天市場や楽天ブックス、楽天カードなどを利用して貯めたポイントで投資信託を購入できます。

楽天証券は100円から投資信託を購入できるようになっていますので、全額ポイントで投資することも可能。ポイントの使い道がないな、と思ったときに利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、通常ポイントしか利用できず、キャンペーンなどで獲得した期間限定ポイントは対象外。

ちなみに、筆者は楽天スーパーポイントの通常ポイントは全額投資しています。現時点で1万7000円ほど投資していますが、最近の株価下落でマイナスに...。それでも、"ポイントだ"と思うと気分的にもダメージは少ないですよ。

もし評価額が上がって売却すれば、なんとポイントが現金に早変わり。

株価連動ポイント

ほとんど聞いたことがないサービスだと思いますが、STOCK POINTという株価連動ポイントがあります。

たとえば、セゾンカードで貯まった永久不滅ポイントを、ポイント交換サイトのドットマネーに交換します。ドットマネーのポイントを、さらにStockPointに交換する際にどの株価に連動させるかを選びます。交換したポイントは、その企業の株価に連動して上下するという仕組みです。

もし株価が上がり、ポイント数が増えた場合は、StockPointを再度ドットマネーに交換できます。ドットマネーは、銀行口座を指定すると現金化することもできるんです。

新たに証券口座を開設する必要も無く、手軽に始められますが、ちょっと難しいかもしれません。

少額ポイントを運用

トラノコというおつり投資サービスがあります。クレジットカードや電子マネーで使った分から「おつり」を自動的に算出して、毎月貯まった「おつり」を投資するという仕組みです。

たとえば、1回の買い物で使うお金は500円単位と設定します。鉄道乗車で130円利用しました。次の日に薬局で1300円利用したとします。この場合、500-130=370円のおつりと、1500-1300=200円のおつり、合計570円が銀行口座から振り返られ、投資される仕組みです。

このおつり投資サービスに加えて、ポイントで投資するサービスも始まっています。Gポイントやネットマイル、PointExchangeなどのポイントを、トラノコに入金することでポイントを現金化して運用することができるのです。

新たな証券口座の開設や、ポイントの交換手続き等が必要なので、なかなかハードルは高いかもしれませんが、「投資は怖いけどやってみたい」と思っている方には最適なサービスですよ。