トランプ氏の物まねでエミー賞を受賞したアレック・ボールドウィン氏。(AFLO=写真)

写真拡大

トランプ大統領が誕生して以来、アメリカで盛り上がっているエンターテインメントの分野がある。

すなわち、「コメディ」である。とりわけ、「レイトショー」と呼ばれる、その時々のニュースなどをネタにして笑いにする番組が連日人気を集めている。

さまざまなコメディアンが、大統領やその家族、政権幹部、政治家たちのふるまいをネタにして笑いをとっている。トランプさんの就任以来、視聴者数もうなぎのぼりだという。

グローバル化の中で、社会や経済が不安定化し、戦争などのリスクも増大している。人工知能など、文明のさまざまな発展が見られる一方で、明日がどうなるかわからないという不確実性もある。自分の仕事がなくなってしまうかもしれない。こんな時代だからこそ、笑いが必要とされる。

もともと、笑いはネガティブな感情を乗り越え、前向きに生きるために進化してきた。

有力なのは、「偽の警告」仮説である。群れでいるときに、敵が近づいてきたことを知らせるために、声を上げる。そのことで、仲間たちが逃げたり闘いの準備をしたりする。

しかし、その警告が間違いだった、とわかったら、仲間たちを安心させなければならない。いたずらに不安や恐怖に支配されていると、うまく生きることができない。そこで、不安の「解毒剤」として、笑いが進化してきたと考えられている。

最近の研究によって、笑いには、さまざまな健康上の利点があることがわかってきた。痛みが和らぐという、鎮静の効果があったり、免疫系の働きが高まったりすることも示唆されている。

これらの点に注目して、笑いを治療に用いる試みも行われている。ストレスを解消し、免疫系の活動を高めるうえで、笑いが大いに役に立つことがわかってきたのである。

現代は、さまざまな要因でストレスがたまりやすい。そのような要因を、笑いに変えて解消することで、心の「デトックス」になる。

どんな笑いでも一定の効果があるが、特に意味があるのが、ストレスの原因になっていることを笑いにすることで、相対化することである。

心の中で大きな意味を持ってしまっていた「気にかかること」を、笑いにすることで小さくしてしまう。そのことで、前向きに生きることができるようになるのである。

現代社会においては、政治的な問題は、多くの人にとってストレスの原因になることが多い。とりわけ、意見が対立するような事柄については、つい、感情的にもなりがちである。

そのような際に、コメディアンがそれを笑いに変えることで、社会の中のさまざまな人の気持ちをほぐすことができる。結果として、心や身体の健康が増進される。

つまり、コメディアンたちは、一種の「予防医学」を担当する、笑いのお医者さん、と言うことができるのである。

アメリカでは、政治の問題に加えて、差別、格差、偏見と言った社会的問題が人々のストレス要因になっている。これらのテーマについて、コメディアンが笑いを提供していることの意義は大きい。

人生の中で、気になること、心にかかることがあったら、笑いにしてしまうのがいい。

笑いは、百薬の長。処方は、自分でする。

そんな流儀を身につけるうえで、アメリカのコメディは、大いに参考になる。

(脳科学者 茂木 健一郎 写真=AFLO)