今回のビジネス女子マナーは、IT関連会社勤務の小松ゆみ子さん(仮名・32歳)からの相談です。

「転職して1年になります。私の査定をつける相手が同じ年の女性です。実は、彼女とは折り合いがよくありません。簡単に言うと、仲が悪いんです。意見も合わないし、彼女の言うことに納得がいかず、会議や日々の業務のやり方なので、ぶつかったりすることも多々あります。

先日、個別面談があって、“会社の要求に応えられていない。このままだと査定を下げる”と言われました。でも、もともと再就職時の面接で言われていた仕事内容よりもずっと多いし、お給料も“仕事に慣れればすぐ増える”と言われたから今まで頑張っていたのに……。それを言ったのも、その女性です。なのに……。もう、やる気になれません。転職したほうがいいでしょうか」

アラサーは転職の売り手市場と言われ、30歳を超えて「新しい場所で活躍したい」と職場を変える人も増えてきました。でも、面接時と言われたことが、実際に働いてみたら全然違ったり、いい人間関係が構築できなかったりで、モチベーションが下がることも……。こんなときは、どうすればいいのでしょう。合わないのだから、また新しい会社に行けばいい? 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

同じ年の相手でも上司なら立てるのが「仕事のプロ」

IT関連会社を中心に、規模を大きくするベンチャー企業も増え、キャリアアップのための転職が一般的になってきた昨今。「 直属上司は、年の離れたオジサン」という時代は終わり、今や、同い年や年下の女性が上司になる時代です。職場に自分と同じ年の人がいれば、ライバル心が芽生えるのは当然のこと。ご相談からは、あなたの向上心が伝わってきますし、相手と上下関係でいるのは正直しんどいというのもわかります。

しかし、です。「仕事のプロ」であるならば、仕事中は相手を上司として立てるべきかもしれませんよ。
質問には、その女性と「仲が悪い」とありますが、友達ではないので必要以上に仲良くしなくてもいいのです。ベタベタ、距離感を縮める努力はしなくてOK。とはいえ、仕事をする上で、コミュニケーションをとる必要はあります。それが、あなた自身が気持ちよく業務ができるようになる最善の方法でもあるのです。

上司だって同じ年の部下になめられたくないと思っている

上司と真っ向から張り合っても、あなたが不利になるだけです。なぜなら、あなたは部下。実務だけを見れば、前の会社でキャリアを積んで転職したあなたは、その彼女よりもスキルや知識は上かもしれませんね。でも、社内の仕組みなど、転職して1年のあなたにはわからない部分もあるのではないでしょうか。彼女にしても、社内的な自分の立場を揺らがせたくはないでしょうし、あなたに対して、なめられてはいけないと思っているでしょう。

会議中、ほかのメンバーもいる前で意見を戦わせ、論破しようとすれば、彼女に恥をかかせてしまいます。彼女だって心に壁をつくってしまうでしょう。お互いが目の敵にしているような状況では、業務はスムーズに進みませんね。感情はおさえて大人になって。部下として上司をフォローする作戦に変えましょう。

「小さなカチン」が評価に響く

相談者さんは、その上司と話すとき、もちろん敬語を使っていますよね?もし、敬語を使っていない、あるいは「たまに敬語にならないことがある」という場合には、徹底して敬語にしましょう。同じ年だからこそ、敬語を使われないと「この人は自分をなめている」と思われがちです。

その上で、上司のアドバイスを素直に聞く、会議中でなく会議前にネゴシエーションすることもしてみたらいかがでしょう。「次の会議で、この件を議題にしたいと思うのですが、どうでしょうか」と質問にして意見を仰ぐのです。

上司の中には、会議での唐突な意見を嫌がり、「私は聞いていない!」となる人もいます。小さなカチンとすることが重なると、評価に響く可能性もあると心得てください。

 面談のときは自分の改善点を聞き出し、どのように改善したらよいかを相談してみて。「どうすればいいんですか!」とキレるのは、建設的とはいえません。彼女のためと思うとやっていられないでしょうから、チームの一員として組織に貢献する。そうするうちに、いずれあなたにスポットライトが当たりますよ。

逆に同い年だからこそ、分かり合えることもあると思います。まずは、あなたがギブを重ねて、いずれテイクになる関係を築きましょう。先方が困ったら、あなたにアドバイスを求めてくる日が近いことを願っています。

転職を考えるのは、そのあとでいいのではないでしょうか。せっかく1年頑張ってきたのですよね。同じ年の上司が気にくわないから、という理由だけで、何の成果もなく転職するのはもったいないです。次に転職するにしても、「成し遂げた」ことを手土産にしましょうよ。

人間関係が悪いと、どんなに仕事の内容が魅力的でも頑張れないし辞めたくなる……というのは働く女性の心理のひとつ



■賢人のまとめ
会社の人間関係は「お友達づくり」ではありません。なので、「仲良し」になる必要はありません。重要なのは、自分が仕事がしやすくなるようにコミュニケーションをとるということ。意固地になりすぎていれば、ますますやりにくくなります。同じ年でも相手は先輩です。「尊敬する」「受け入れる姿勢を見せる」ということから始めてみてください。

■プロフィール

女子マナーの賢人 鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/