(ただの)下じきで、ひらパーの渋谷ジャック!?も体験できる

写真拡大

大阪にある遊園地「ひらかたパーク」の2018年度のテーマは、「どこいくねん。ひらパー」。これまで数々のユニークな企画で注目を集め、前人未到の遊園地を目指すひらパーでは、2013年4月からタレント・俳優として活躍している岡田准一さんをイメージキャラクター「超ひらパー兄さん」として起用、2014年4月からは園長に就任し、既存の枠に捉われない発想で数々の改革を行ってきた。

【写真を見る】渋谷ひらパー第2弾 超高速フォトスポット「シャッターチャンス」も間もなくスタート!

そんなひらかたパークには、地元である大阪をはじめ関西エリアからファミリーを中心に多くの人々が訪れている。しかし、今春はこれまで以上に全国の若者にひらパーを知ってほしい、来てほしい、楽しんでほしいという想いから、2月27日より新CM「渋谷ジャック」篇を放映し、岡田園長が、誰もが知っている若者の聖地である渋谷をかつてない方法でジャックする模様を公開している。

また、3月3日からは、CMの岡田園長同様に渋谷をジャックできる旅が当たるキャンペーンの応募受付を園内で実施している。

■ 下じきで渋谷をジャック!?

そして4月2日には、ひらパー史上初となる渋谷出張イベント「園長、出張。渋谷ひらパー」を、渋谷のシンボル「渋谷 109」にて開催することが決定した。イベント会場には、ひらパーを知らない若者でもつい足を止めたくなるような、岡田園長の過去のユニークなCM やポスターを一挙に公開・展示する特設ブースを設置。また、岡田園長がCM内で行っている、一瞬にして渋谷の街並みをひらパーロゴ一色にする「渋谷ジャック下じき」を使った渋谷ジャック体験をすることもできる。

■ 岡田准一園長より渋谷ジャックに関してコメント

若者にひらパーをもっと知ってほしい。そんな想いで大阪を飛び出し、ついに若者の街・渋谷を、ひらパーらしくジャックします。今年のひらパーは「どこいくねん!」と、ついつい皆が気になる、前人未到の遊園地を目指すので期待してついてきてほしいで、おま。

■ 難易度最上級?のフォトスポット登場

また、4月27日からは、渋谷ひらパー第2弾としてひらパー園内に渋谷を感じられるフォトスポットが登場する超高速フォトスポット「シャッターチャンス」がスタートする。約50mの高さを垂直降下するフリーフォール「ジャイアントドロップ メテオ」。動くメテオと顔出しパネルがちょうど重なる一瞬のチャンスを狙ってシャッターを押すと、ひらパーにいながら、まるで渋谷にいるような写真が撮れたり、撮れなかったり...。これまでのフォトスポットの概念を覆す、難易度最上級?のフォトスポットが現れる。

ひらパー初の渋谷出張イベントで、渋谷ジャックを体験してみて!(東京ウォーカー(全国版)・篠田)