声優フクシ君が主人公役のBSスカパー!オリジナルアニメ「グラゼニ」特別試写会レポート

写真拡大 (全8枚)

BSスカパー!で2018年4月6日午後10時30分より放送開始のオリジナル野球アニメ「グラゼニ」。この特別試写会が3月20日に東京・渋谷にあるシダックスカルチャーホールにて開催された。当日は抽選で選ばれた100名が参加。主人公の凡田夏之助役を演じた声優のフクシ君こと落合福嗣さん(以下、フクシ君)と、タレントの倉持明日香さん、お笑い芸人の土佐兄弟の2人と一緒にイベントを楽しんだ。

まずは第1話の試写を実施。これが終わったあとは落合さんとのトークイベントとなった。最初はフクシ君に向けてのヒーローインタビューから。場内の「凡田」コールに迎えられてフクシ君が登場。

主人公の凡田夏之助にとても似ているフクシ君。オーディションの時からそっくりと言われていたそうで、あえてそちらに寄せた格好をしたのとのこと。倉田さんも「落合さんをモデルにしたかと思った」と言われるとフクシ君は「友人からは実写化おめでとうと言われました(笑)」と語る。

まずは1話を皆さんにとどけれら多のでほっとしたと語るフクシ君。感想を聞かれて「やっと形になって一安心。まだアフレコは続いているので、頑張っていきたい」。

第1話を見た感想を聞かれると「動いているなと。音が入っているな」と(笑)。実はアフレコの時は止まったラフ絵とSEなどは何もない無音の状態での録音だからだ。「どういうBGMが流れるのか完成しないとわからない。皆さんと一緒に観させていただいて感動しました」(フクシ君)。

「あまり知られていなプロ野球の世界がふんだんに盛り込まれている作品なので、プロ野球が好きな方、あまり詳しくない方でも楽しめますので見てください!」とフクシ君。

■テーマに沿ってフクシ君への質問コーナー
ヒーローインタビューのあとは、お題をフクシ君にぶつけてのトークコーナーに。まずテーマは「仕事とお金」だ。これを聞かれてフクシ君は「レシート」と答える。こう答えたのは「うちの父が現役時代、食費がすごくかかるんです。1日6食食べてました。大きいテーブルに所狭しと魚、肉、野菜。肉も豚肉、鶏肉など。中華料理の大皿が7個くらい並ぶ感じ。なので買い出しがすごく大変なんです。このレシートを腰に巻けるんです(笑)。2m半くらいの長いレシートができます。カートが4台。これが3日分ですから。そういう世界ですね。僕の中で仕事は食べるイメージが強いんです」とのこと。ちなみにフクシ君のお父さん、みなさんご存知の通り落合博満氏(以下、落合選手)だ。



次の質問は「野球という職業」だが、フクシ君は「午前2時」と回答する。これは落合選手が、試合終了後11時頃に帰宅したあと食事をするが、そのあとお風呂に入ってマッサージをしてもらったあと、午前2時から素振りをしていたとのことから。

「家の前に空き地があって、青いウインドブレーカーを着て素振りを2時間くらいする。夏場になると音がすごいんですよ。近所迷惑になるくらい。なんでバットを振るのかと聞いたら、俺は野球が下手だから練習しないとダメだと答えてました」(フクシ君)。球場で練習したあとにも家で練習しなければならないことを見て、なんて過酷な職業なのかと思ったのだとか。落合博満氏が日本プロ野球史上唯一となる三度の三冠王を達成した理由が、こうした猛練習にあったのだと納得。



「みなさんあまり練習しているイメージを持たれてないんですけど、実は帰ってから猛練習してました。また、骨折していてもそれを隠して試合に出るんですよ。監督かコーチが止めない限り。“仕事なんだから欠場は通用しない”と入って無理やり出てました。そして骨折しながらもホームラン打ってましたから。なので僕は(プロ野球選手になるのは)絶対無理だと思っていました」。

また自分をポジションで例えるならと言う問いには「ピッチャー」と答えるフクシ君。「押さえ、クローザーですね。かっこいいからです(笑)」。ただし凡田夏之助は左の中継ぎ投手。「コントロールで押させるタイプなのでちょっと違うかも」とフクシ君。

写真を撮るときは左のサイドスローのポーズで撮らなければ行けなかったのだが、フクシ君は右利きのため難しかったそう。「すごくぎこちないポーズで写ってます(笑)」。



なお「グラゼニ」には声優として、元プロ野球選手のゲストがいろいろと登場するとのこと。1話にも元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏が本人役で登場している。「真中さんが台本持ってしゃべってる」と感動したとフクシ君。「グラゼニ」のPR動画では野球盤をやったそうだ。



このほか「グラゼニ」だが、放送開始と同時に北米やヨーロッパ、アジアなど99か国・地域で同時配信することが決定していることも発表された。

最後にフクシ君「いま現在も収録中です。今日来ていただいてこんなにレスポンスをもらって励みになります。最終回まで駆け抜けるので、作品を楽しみにしていてください」と語った。



■グラゼニ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・アディダス ジャパン、サッカー日本代表サポーターがサムライと化す「勝色」に染め上げる全国応援キャンペーンを発表
・Renta!スタッフが本気で選んだ今最も熱いコミックを全力でオススメするランキング「2018年Renta!大賞」を発表
・NICT、光格子時計を利用した高精度な時刻標準の生成に成功
・Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催
・自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開