画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Thinkでの主役はクラウドとAI

米IBMは、米ラスベガスで年次イベント「Think 2018」を開催。このイベントは、クラウドを中心とした「InterConnect」と、WatsonによるAIをテーマにした「World of Watson」の2つのイベントを統合したものだ。その意味でも、Thinkでの主役は、クラウドとAIである。

米IBM Watson & Cloud PlatformのDavid Kennyシニアバイスプレジデント

開催2日目には、主要な基調講演が相次ぎ、午前中のGinni Rometty会長兼社長兼CEOの基調講演に続いて、米IBM コグニティブソリューション&リサーチ担当シニアバイスプレジデントのJohn E Kelly 兄瓩砲茲襦The Journey to AI」と題したWatsonに関する基調講演と、Watson & クラウドプラットフォーム担当のDavid Kennyシニアバイスプレジデントによる「Put Your Data to Work on the Cloud for Smarter Business Keynote」と題したクラウドに関する基調講演が行われ、それぞれの分野における最新動向が示されたほか、複数のユーザー企業が登壇し、最新の活用事例が紹介された。

○「Watson Studio」「Watson Assistant」発表

AIでは、AIプロジェクトを促進するためのWatson API連携や機械学習、深層学習機能を強化した「Watson Studio」、日本語による学習済みインテントの提供などを含む「Watson Assistant」を発表。さらに、iOSでWatson Servicesを執行する機能を提供する「Watson Services for Core ML」の提供も発表した。

とくに、Watson Studioでは、Deep Learning as a Serviceを提供し、TensorFlowやCaffe、PyTorchなどのオープンソースフレームワークを組み込んだ、IBM Cloud上のクラウドネイティブサービスとして提供することを紹介。これにより、ユーザー企業が、機械学習を開始するためのハードルを下げることができるとした。

また、機械学習とデータ収集、管理機能を統合したプラットフォームである「IBM Cloud Private for Data」を発表し、これにより、Kubernetes上に導入されるアプリケーション層として導入。Watson Studioと連携して、機械学習のアセットやカタログ、データセットを相互に共有。データサイエンスおよびアプリケーション開発用に統合された環境を提供することができる。

さらに、AIとデータ活用のスピードアップを支援するコンサルティングチーム「Data Science Elite Team」を30人体制で設置し、将来的には200人体制に拡大することも発表した。

○Power 9を搭載したIBM Power Systems AC922を発表。

一方で、Power 9を搭載したIBM Power Systems AC922を発表。x86サーバと比べて約4倍の高速化を実現し、Googleの機械学習の速度に比べて46倍高速化すると強調した。

米IBM コグニティブソリューション&リサーチ担当シニアバイスプレジデントのJohn E Kelly 兄瓩蓮◆屬海譴NVIDIAとの協業によって実現するものであり、機械学習におけるブレークスルーになるだけでなく、AIの進化を指数関数的に加速するとともに、自動運転の進化やヘルスケア分野での改善、ブロックチェーンの浸透、データセキュリティの強化にも影響する」と語った。

また、ここでは、Watsonは、ビジネスのためのエンタープライズAIであるということが強調された点も見逃せない。

エンタープライズ向けAIで求められるのは、企業や業界が持つデータで学習できるということである。これは、あらゆるデータを取り込むコンシューマAIに比べて、使えるデータ量が少ない。つまり、少ないデータで学習する能力が求められているというわけだ。Watsonは、その点で他のAIよりも長けていることを示し、「この特徴を持つ限り、Watsonが、エンタープライズAIのリーダーであることは間違いない」とした。

● IBM Cloud戦略

一方で、クラウドでは、IBM Cloud Privateについて説明。提供開始から90日間で150社以上が採用していることを紹介したほか、ベストプラクティスを提供するIBM Architectureや移行支援を行うTransformation Advisor、DevOpsのMicroclimateなど、コンテナ基盤および開発から、運用までをフルサポートするツールを続々と発表。顧客システムのモダナイズを実現するという。

さらに、VMware on IBM Cloudについては、1400以上の顧客がVMwareのワークロードをIBM Cloud上で実現していることを示す一方、IBM Cloud for VMware Solutionsポートフォリオの拡充により、HCX(Hybrid Cloud Extension)の提供を開始。疎結合なハイブリッドクラウドを実現することを示した。また、Spectrum Protect Plusの提供を開始することも発表した。

また、コンテナへの対応を強化。Kubernetes on ベアメタルサービスのマネージドサービスを、東京データセンターを含む世界19のデータセンターから提供。Kubernetes(k8s)ベースの機械学習とデータサイエンスの統合製品を発表したほか、IBM Z/Linux ONEと、x86において、Docker EEをサポートすることも発表した。

もうひとつ大きな発表は、IBM Cloudにおいて、マルチゾーンリージョン(MZR)と呼ぶ仕組みを打ち出したことだ。

これはAWSのアベイラビリティゾーン(AZ)と同様の考え方であり、3つのゾーンと呼ぶデータセンターを、ポップと呼ぶ2つのネットワークアクセスポイントに接続することで、ハイアベイラビリティ機能を実現することになる。また、データセンターがひとつのリージョンの場合は、シングルゾーンリージョンと呼ぶ。東京データセンターはMZRとして構築される予定だという。

基調講演のなかでは、「One Cloud Architecture」を強調してみせたのも印象的だった。

米IBM Watson & Cloud PlatformのDavid Kennyシニアバイスプレジデント

米IBMのWatson & クラウドプラットフォーム担当のDavid Kennyシニアバイスプレジデントは、「クラウドに対しては、ベストクラスの可用性、スケーラビリティのほか、パブリッククラウドならではの利便性やコストメリットが求められている。さらに、セキュリティ、コンプライアンスの課題を解決するために、従来型のITの仕組みを維持したプライベートクラウドに対する要求も高い。このように、クラウドに対しては、様々な要求があり、オーダーメイドで活用したいといったニーズもある。自由度と柔軟性に対する要望がますます高まっている」と前置きし、「IBMのクラウドは、これまでは、ひとつのクラウドに定義されさていなかった。

だが、One Cloud Architectureによって、コンテナを取り入れて、パブリッククラウドも取り入れ、すべてのアプリに対応でき、DevOpsやマネジメントプラットフォームにも対応する。また、ベアメタルも提供し、どのプラットフォームと連携して利用できるようになる。さらに、AIや機械学習、アナリティクスに投資をしており、企業に蓄積した知識とデータを使えるようになる。キーポイントは、アーキテクチャーがひとつということであり、ひとつのリファレンスで、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウド環境で使えるようになることだ。IBM Cloudは、そのアーキテクチャースタックを、すべてのツール、プラットフォームとともに一緒に使える、ひとつのアーキテクチャーとして提供できる」などと述べた。

IBMは、こうした環境の実現を、次世代クラウドコンピューティングの姿に定義しようとしている。

これまでは、バラバラに動いていたIBMのクラウドが、いよいよOne Cloud Architectureのもとで、ひとつのクラウドとして動き出す宣言が行われたといえる。