スパリゾートハワイアンズのフラガールたち(写真=常磐興産)

写真拡大

福島県いわき市の温泉テーマパーク「スパリゾートハワイアンズ」。その前身は炭鉱だ。約50年前に“炭鉱から観光へ”という業種転換を成し遂げ、2011年の震災からもV字回復を果たした。そのたくましい企業風土の根幹には、「東京のプロを呼ばずに、すべて炭鉱出身者でやる」という創業者の信念があった――。

※本稿は『「東北のハワイ」は、なぜV字回復したのか』(集英社新書)の一部を再編集したものです。

■働く人間も家族もすべてが運命共同体

常磐炭礦(じょうばんたんこう)に限らず、全国どこの炭鉱も常に危険と隣り合わせの職場である。落盤やガス爆発、さらには出水など不測の事態が起こり、最悪、死に至ることも珍しくない現実がある。そのことを炭鉱に働いている人間はもちろん、家族の誰もが知っている。

そんな中、常磐炭礦には精神的な支柱ともいえる独自の考え方が、いつとはなく自然に芽生えていた。

それが「一山一家」という、ヤマで働くすべての人間が家族であり、常に助け合って生きていこうという考え方だ。かつて夕張や筑豊など日本中に数多くの炭鉱があったが、他の炭鉱には、この「一山一家」という言葉はない。まさに常磐炭礦ならではのユニークな考え方である。

大正から昭和にかけて石炭業が隆盛を極めた頃、常磐炭礦は全国各地から炭鉱労働者を集めた。採炭にもっとも必要なのは人の力だったからだ。そのため、会社は炭鉱の周辺に従業員たちの住宅、いわゆる炭住(炭鉱住宅)を造り、200戸ごとに日常生活の面倒を見る「世話所」を設けた。

世話所は葬式や結婚式などの冠婚葬祭はもちろん、子供の誕生や就職などすべての面倒を見た。しかも、炭住に住んでいる家庭のことなら、全員の誕生日からそれぞれの趣味や食べ物の好き嫌い、はては奥さんの生理日まで何でも把握していたという。

それは、炭鉱に働く人間も家族もすべてが文字通りの運命共同体だったからである。その中で何かに困っている人、悩んでいる人がいれば放っておかない。いや、そういう人がいれば、むしろ積極的にみんなで助け合って生きていこうという風土が、ごく自然にできあがっていったのだ。

そして、そうした風潮がハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の設立と、その後の運営にも大きく影響していることはいうまでもない。

■ヤマの男がスーツ姿でフロントに

そもそも中村(注・中村豊、ハワイアンセンター創業者)には一つの信念があった。それは、「常磐炭礦の一山一家の団結を強めて、他人の手は借りない。苦しくてもすべて自前でやる」ということだ。

だから、建物の設計についても外部の設計者やコンサルタントなどは誰一人として入れず、構想や企画はすべて中村自身が立て、実際の設計や施工は子会社である常磐開発(JASDAQ上場。現在はグループ会社)が行った。

そして、従業員は常磐炭礦の元従業員とその家族でまかなった。開業当初のハワイアンセンターでは、父親がホテルのフロントマンで母親が客室係、息子が調理師で娘がフラダンサーという、そんな構図が当たり前のようにあった。

開業当時620人を数えた社員のうち、どうしても外部の力を借りなくてはならなかったのは、レストランの総料理長、フラやフラメンコの先生たちなど専門職のほんの2、3人だけ。それまで劣悪な坑内環境の中、ふんどし一つでツルハシを持って黙々と石炭を掘っていたヤマの男がウクレレを持ったり、スーツを着てフロントに立ったり、あるいは中学を出たばかりのヤマの娘がフラダンサーになったり、レストランのウェイトレスになったりした。

そんな中で、会社が人探しに意外と苦労したのが営業マンだった。炭鉱の男たちというのはもともと口数が少なく、過酷な環境の下で、ただひたすら石炭を掘る寡黙な者が多かったからだ。

しかし、視点を変えて探してみれば、身近にまさに適任の男たちがいるではないか。それは、会社側と日々、丁々発止の労務交渉をしていた労働組合の面々だった。しばらくして組合の委員長が営業部長になったという。冗談のようだが、本当の話である。

ハワイアンセンターは、中村が目指したような、まさに誰の力も借りない「自前」の施設だったのだ。

■炭鉱の空気の中で育ってきた人間が踊ることに意味がある

「人まねをするな。すべて自前でやれ」

そうした中村の信念は、フラガールの育成にも生かされている。

ハワイアンセンター開業の前年、昭和40年4月に設立されて以来、半世紀を超えた現在も続く「常磐音楽舞踊学院」の存在がそれである。

当初、フラとタヒチアンダンスを中心としたショーを連日お客に見せるという中村の構想を聞いた時、社内のすべての人間は、東京からプロのダンサーを呼んでくるのだろうと思っていた。

しかし、ただ一人、中村の考えだけは違っていた。炭鉱の娘を集め、彼女たちを一から指導してダンスをマスターさせ、ステージで踊らせるというのである。

とはいえ、当時はまだダンサーという職業に対して偏見があった時代だ。しかも、ここは東北の炭鉱町いわきである。「腰振り踊り」「ヘソ出し踊り」などとからかわれ、炭住の世話所を通じてダンサーにならないかと炭鉱の子女に声をかけても、

「人前で裸になって踊るなんて恥ずかしくてできない」

といわれ、両親からも、

「そんなことをさせるために、娘を苦労してここまで育てたのではない」

といわれて、けんもほろろに断られてしまい、学院の開校が迫ってきたというのに思うように人が集まらなかった。

そんな状況を見かねて、ある人が中村にいった。

「いわきだけから女性を採用しようとするのは、どうしても無理がありますよ。それなら東京から連れてくればいいのではないですか? 東京の女性なら芸能事に関して理解があるでしょうし、抵抗も少ないのではないかと思いますが」

すると、中村は即座に、

「いや、それはいかん。炭鉱人の血を受け継ぎ、炭鉱の空気の中で育ってきた人間が踊ることによって常磐炭礦の精神が生きることになるんだ。よそからダンサーを連れてきて踊らせることなど絶対にあり得ない。そんなことをするくらいなら、最初からやらんほうがいい」

といって否定した。

結果的に、常磐音楽舞踊学院の一期生として入学し、昭和41年1月のセンター開業時にステージに立ったのは18人。自ら志願してきた2人を除く16人が中学校を卒業したばかりの炭鉱の子女であり、中村の思惑どおり、客席まで汗が飛んでくるような彼女たちの熱演は観客たちに感動を与え、大いに受けたという。

■震災後、フラガール全員が集まった

開業から45年後、平成23年の東日本大震災で「スパリゾートハワイアンズ」は施設に多大な損害を受け、休業を余儀なくされた。被災直後、当時の社長・斎藤一彦はある決断をする。

「フラガールの全国キャラバンをやろうと思っている。休業中に日本全国を回って、フラガールと、いわき市の元気な姿を、一人でも多くの人に見てもらおう」

震災当時に在籍していたフラガールは、総勢29人を数える。3月11日以降、ハワイアンズが休業となったため自宅待機を余儀なくされていた彼女たちの中には、自宅を津波で流されてしまったため家族と一緒に避難所に身を寄せていた者もいれば、原発事故で自宅が避難区域に指定されたため、福島県外で生活している者もいた。彼女たちもまた、紛れもなく被災者だったのだ。

そんな彼女たちが震災後、初めて顔を合わせたのが4月18日のことだった。まもなく始まるキャラバンに備えて、22日から再開する合同練習を前に今後のことを話し合うため、常磐音楽舞踊学院のレッスン場に集まったのだ。

当時、リーダーとしてメンバーをまとめていたマルヒア由佳理こと加藤由佳理がいう。

「『練習を再開することになったから、来られたら来てね』と全員にメールで連絡を入れました。でも、メンバーはみんな、それぞれがいろいろな事情を抱えていましたから、来たくても来られない子もいるでしょうし、中には、本人は来たくても、ご両親が反対する場合もあるかもしれません。ですから正直なところ、半分の15人が来ればいいかなと思っていました」

それはマルヒアだけではなかった。学院開設当初から今日まで、50年間一貫してフラガールの指導にあたっている学院最高顧問のカレイナニ早川(早川和子)も、自ら率先してキャラバンを提案した斎藤も、事情が事情だけに、(全員がそろうことはないだろう。取りあえずは集まったメンバーで、できることを精いっぱいやるしかない)と考えていたという。

ところが、当日ふたを開けてみると、学院のレッスン場には誰一人欠けることなく29人のメンバーが全員集まり、再会を喜び合っていたのだ。練習が始まると、久しぶりに仲間と一緒に踊ったことに感激したのか、泣き出す子が何人もいた。

■現代のフラガールにも受け継がれる「一山一家」の精神

フラやフラガールに対する風当たりが強かった50年前、初代のフラガールたちが、崩れゆく炭鉱社会と家族の生活を、自分たちの手で何とかしなくてはいけないと頑張ったのと同じように、平成の世のフラガールたちも、未曾有(みぞう)の大地震と原発事故で危機に直面した故郷を目の当たりにして、いまこそ自分たちが立ち上がらなくてはならないと思ったのだろう。

当時を振り返って、斎藤がいう。

「キャラバンをやるという指示を出したのは私だが、成功したのは、もちろん彼女たちの頑張り、それがすべてだ。あの時、メンバーの多くが地元いわきを中心とした福島県の出身だったというのが大きかったと思うね。そうでなかったら、途中で挫折していたかもしれない」

こうして、10月1、2日に地元いわき市の21世紀の森公園で行われた「がんばっぺ! いわき復興祭」のフィナーレステージまで、キャラバンでの公演は韓国・ソウルを含めて26都道府県、124カ所、245回に達した。

その結果、フラガールの知名度アップ、イメージアップに大きく貢献。福島、いわきはもちろん、東北復興のシンボルとしてハワイアンズ再開後の復興支援の大きな力となった。

----------

清水一利(しみず・かずとし)
フリーライター。1955年生まれ。PR会社勤務を経て、編集プロダクションを主宰。2011年3月11日、新聞社の企画でスパリゾートハワイアンズを取材中に東日本大震災に遭遇。同所でスタッフや利用客とともに数日間の被災生活を強いられる。当時の体験を綴った『フラガール 3・11』(講談社)を上梓した。新著に『「東北のハワイ」は、なぜV字回復したのか』(集英社新書)。

----------

(フリーライター 清水 一利 写真=常磐興産)